MUSKAのメモ

メモなのでけっこうすぐ消えます。

事務いすレース オバマさん南仏滞在 女子高生ビジネス カフカバンド

isu1gp.com

いす-1GPとは
いす-1GPとは、日本事務いすレース協会(JORA)が主催する、2時間の間に事務いすを使ってコースを何週走れるかを競う耐久レースです。
途中で、タイヤがとれたり、背もたれも壊れたり、最後にはタイヤの足の根元から折れてたりしてしまうほどの過酷なレースです。一度見たらその光景は忘れる事ができないインパクトのある光景が、2010年以降、毎年京都府京田辺市のキララ商店街で行われています。
2013年以降は山形県新庄市を皮切りにその開催地を徐々に増やし、2015年には年間12か所にまで開催地が拡大しました。また、2016年4月には台湾台南市で初の海外レースも開催しました。
参加したい方も、応援の方も、ぜひ一度キララ商店街をはじめ、各開催地まで足を運んで実際にその光景をご覧下さい。お待ちしております。

【その他のカテゴリー】
いす-2GP ・・・・ 走行時間が1時間のレース。予選大会としての開催やいす-03で予選をおこなった後に結果が下位のチームが参加するレースとして開催される。
いす-03 ・・・・ 30m直線のタイムを競うレース。予選やいす-1体験などで開催される。
いす-1GPex ・・・・ いす-1GPやいす-2GPのレギュレーションに合わないルールで開催されるレース。

www.youtube.com

business.nikkeibp.co.jp

https://libs.colocal.jp/wp-content/uploads/2018/08/sub1.jpg

コクヨのオフィスチェアー〈ing〉

colocal.jp

日本の「女子高生ビジネス」英新聞 

 

ストリートアート

1. 

 2.

 

 大統領の料理人

じぶん索引 いいことば

 五輪Tシャツ

 エデンのお給料

 

f:id:cenecio:20190616075140p:plain

Découvrez le salaire mirobolant que touchera Hazard chaque année, mois, jour et minute - Le Soir

Convertis en euros, voici à quoi ressemblent ces montants :
21.558.572 euros par an

1 946.259 euros par mois

449.136 euros par semaine

64.161 euros par jour

2672 euros par heure

43,7 euros par minute

 スイトル 長岡市の古川機工

ゴルビー 

 

安全な都市 

蜘蛛さん 

キラさん 

 印刷博物館

 

  l’île de la Motte à Villeneuve-lès-Avignon (Gars).


 

 男性育休

 宿根木

 プラハ窓外投擲事件

 

f:id:cenecio:20190616080101p:plain

 

この単語の起源はプラハで起きた2つの事件である。1419年の事件では市議会議員ら7人が市庁舎から投げ出され、フス戦争を引き起こした。

1618年の事件では国王顧問官2人と秘書官がプラハ城から投げ出され、三十年戦争を引き起こした。これらの事件(特に1618年の事件)はプラハ窓外投擲事件と呼ばれ、「Defenestration」という単語とその概念を生み出した。

デフェネストレーション - Wikipedia

Kafka Band

 

 

 

 

 

 

https://images.unsplash.com/photo-1542339719-4ddb1737636f?ixlib=rb-1.2.1&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&auto=format&fit=crop&w=750&q=80

christophe Dutour
@senc74

 

 

 

 手すき和紙の危機 独再生可能エネ F2 農家民泊 デルヴォー

 天気の子 annecyfestival 

 

 

 

 根津美術館「はじめての古美術鑑賞」

車椅子の収納 

 #山本太郎

中島岳志の「野党を読む」(3)山本太郎 - 中島岳志|論座 - 朝日新聞社の言論サイト

www.tbsradio.jp

 


 

「サタンタンゴ」予告編 

カメトメ フランス 

 ルームシェア

 

The Reason Renewables Can't Power Modern Civilization Is Because They Were Never Meant To

https://thumbor.forbes.com/thumbor/606x800/https://blogs-images.forbes.com/michaelshellenberger/files/2019/05/Der_Spiegel_19_2019__Murks_in_Germany_-e1557129149572.jpg?width=960

https://thumbor.forbes.com/thumbor/711x502/https://blogs-images.forbes.com/michaelshellenberger/files/2019/05/fig3-share-energy-sources-gross-german-power-production-2018-1200x848.jpg?width=960

 

www.billboard-japan.com

president.jp

2つ目のポイントは、「自分ごとを話す」ことだ。例文では「例えば私の場合、結婚式は神社で行いましたが、父の葬式はお寺で行いました」と説明している。「ガイドブック通りの説明では終わらせない」のが伊藤さん流。歴史や背景の説明だけだと、なかなか会話が広がらないが、自分の経験に引き寄せて説明すると、親近感を持って聞いてくれる。相手もさらに関心を持って「神道の結婚式は、どうやって行うんですか?」「今の日本人も、神道で結婚式をする人が多いんですか?」などと盛り上がるだろうし、神社や寺に案内したときにも、ぐっと興味を持って見てもらえるだろう。

伊藤さんによると、「やはり外国人のお客様の多くは、日本の文化や歴史に興味を持っている」という。「高層ビルが立ち並ぶ丸の内周辺などよりも、浅草あたりの裏道にある古い一軒家などに興味を示します」。また、宗教への関心も高いため、「浅草寺明治神宮には必ずといっていいほどお連れして、仏教と神道について解説します」。

日本茶の紹介をすることも多いという。「ビタミンが豊富で健康に良く、病気の予防になる可能性もあるとお話しすると、興味を持ってお土産に買っていく人も多い」という。軽くて日持ちもするので、お土産に喜ばれる。・・・

 手すき和紙の危機

www.asahi.com

 

 伝統的な手すき和紙づくりの存続が危機を迎えている。生産に不可欠なトロロアオイを栽培する茨城県小美玉市の農家5戸が、来年で作付けをやめる方針を決めたからだ。この5戸で全国生産の7、8割を占めており、和紙生産者には大打撃になりかねない。

「もう無理、割に合わない」
 作付けをやめる最大の理由は高齢化だ。5戸の農家はいずれも60代~70代半ば。昨年、全員で協議のうえ「これ以上続けるのは難しい」と判断した。昨秋の出荷の際、2020年秋以降は生産できないと伝える文書を添えた。

 最年少の田上進さん(63)と妻の敏枝さん(60)は、ジャガイモなどの野菜とともにトロロアオイを栽培する。年齢もあり、最も多く作付けしていたときの半分の約15アールに減らした。「要望があるので続けてきたが、もう無理。体はきついし、(収入を考えると)割に合わない」と心境を明かす。

 トロロアオイアオイ科の植物で、秋に収穫する。根からつくる「ねり」は手すき和紙づくりに欠かせない。日本特産農産物協会のまとめでは、16年度の国内生産量の87%(17トン)、17年度の同67%(13トン)を、小美玉市小川地区で栽培している。

 栽培が大変なのは機械化が難しいからだ。商品となる根の部分を太くするために新芽を摘み取る「芽かき」は、夏の炎天下に手作業で行う。農薬に弱く除草剤が使えないため、草取りも手作業だ。重労働が嫌われ、繁忙期のパート従業員を集めるのにも苦労しているという。

 同市では約30年前、約50戸が栽培していたという。その後減り続け、ここ数年は、和紙生産者の需要を満たせない状態が続いてきた。以前から農協に苦境を訴えてきたが、国や県から補助金などの支援はないという。

 田上さん夫妻は「買い取り価格が倍になったとしても、子どもの世代に続けてくれとは言えない。和紙という伝統産業を守るのなら、支えている農家にも目を向けてほしい」と話す。

 FRANCE2

www.lemonde.fr

www.francetvinfo.fr

 

f:id:cenecio:20190617164329p:plain

Ces hommes d'Église n'avaient sûrement jamais imaginé devoir porter un casque de chantier pour célébrer une messe. Samedi 15 juin au soir, à Notre-Dame de Paris, ils ont dû se plier aux règles de sécurité due à l'incendie survenu le 15 avril. La messe commémore les premiers offices dans la cathédrale. Une célébration inédite, éclairée par des lampes de chantier, tout près des gravats. Mais selon l'archevêque de Paris, Michel Aupetit, l'âme de Notre-Dame est intacte.

Une cérémonie risquée compte tenu de l'état de la voûte
La messe s'est tenue dans la petite chapelle qui abritait la couronne d'épines du Christ, une enclave préservée, située derrière la croix dorée qui a échappé aux flammes. Par mesure de sécurité, seule une trentaine de personnes ont participé à l'office. Des prêtres et une poignée de fidèles, mais pour l'Église, ce n'est pas très grave, assure le père Henry de Villefranche, chapelain de Notre-Dame de Paris. À l'extérieur, pas d'écran géant, mais certains fidèles suivent la messe sur leurs téléphones portables. Une première messe, alors que la structure de la cathédrale n'est pas encore consolidée. Selon le ministre de la Culture, Franck Riester, il y a danger : la voûte de Notre-Dame peut toujours s'écrouler.

 

 

f:id:cenecio:20190614181846j:plain

f:id:cenecio:20190614181908j:plain

f:id:cenecio:20190614181924j:plain

 

 

www.airbnb.jp

ベルギー デルヴォー

sosoir.lesoir.be

www.vogue.co.jp

 

 

シンガポールの教育 Education in Finland ひきこもりの訪問診療 コンビニほか

 Paul Gustav Fischer 

ひきこもり新聞

courrier.jp

 フランス ひきこもりの訪問診療

f:id:cenecio:20190614175115j:plain

朝日新聞

 

 白山神社

www.niigatahakusanjinja.or.jp

シンガポールの教育

 

11 tips to help your child learn better and enjoy the process
Does the Finnish education system have it right? Part 1

sg.theasianparent.com

No standardised testing
Perhaps Finland’s education system offers a better way of achieving superior academic results? They don’t believe in standardized testing with the exception of their National Matriculation Exam (very roughly like our “O” Levels). Teachers are trained to assess students with their own tests. Report cards are based on individualised grading. No T-score or bell curve. How could such a system ever work? But work it does.

They don’t compete
The Finns have a fundamental difference in attitude to Asians. They don’t compare or compete. Samuli Paronen, a Finnish writer says: “Real winners do not compete.” How does one gauge excellence without competition? By believing in individual excellence and by only ever competing against yourself. An alien concept in many Asian societies.

Finnish education
How do Finnish teachers’ teaching methods differ from Singapore’s?

Trust in teachers
Finnish children learn at the pace that they learn and their teachers are trusted to adapt. Teachers are highly trained (a Masters degree is required and teacher training is rigorous), class sizes are small and the teaching profession is well-respected. The Finnish education method is to train teachers and to trust them to teach. And look where they are today. It’s still no education Utopia though as Finnish parents are not universally pleased with their system. But as a method of approaching education through empowering teachers, it has a lot to offer.

Equal schools
Finnish education begins with the goal of giving every child the same opportunities to learn, irrespective of their background, wealth or location. Instead of trying to produce stars, they use education as the great social equalizer. It’s an enlightened approach. Are we ready for this here in Singapore?

Are we ready to give up the chase for the best school, best score, best student, best university — all in favour of not leaving anyone behind? The US has some of the best schools in the world, if you can afford it. And because one has to pay for the best schools, a staggeringly large number of American children are left behind in their education system. Education has become a great divider, not an equalizer there. The question for us in Singapore is: Do we prepare every Singaporean child for the new economy or only those who can afford the extra tuition?

FINFO – Education in Finland - Finland Toolbox

 

www.weforum.org

 サンローランの別荘

dailyportalz.jp

www.jyh.or.jp

コンビニ

www.bbc.com

 

f:id:cenecio:20190613102400p:plain

米スタンフォード大卒業式(2005年6月)にてジョブズ氏のスピーチ|Sangmin Ahn|note

www.nikkei.com

 

 

 

 

 

 

https://www.metmuseum.org/metmedia/video/collections/med/small-wonders-gothic-boxwood-miniatures

Small Wonders: Gothic Boxwood Miniatures
01:26 / Posted on December 15th, 2016
In the video, Pete Dandridge, conservator and administrator in the Department of Objects Conservation, reveals the wizardry behind the creation of a miniature boxwood prayer bead. Through his collaboration with Lisa Ellis—conservator of sculpture and decorative arts at the Art Gallery of Ontario—the techniques of the 16th-century carvers are fully understood for the first time.

Produced in conjunction with the exhibition Small Wonders: Gothic Boxwood Miniatures, on view at The Met Cloisters from February 22 through May 21, 2017.

Featured Object:
Prayer bead with the Adoration of the Magi and the Crucifixion, early 16th century. Netherlandish. Boxwood, Open: 4 1/2 x 3 1/4 x 1 1/8 in. (11.2 × 8.1 × 2.7 cm); Closed: 2 3/8 x 2 1/4 x 2 1/4 in. (5.8 x 5.5 x 5.6 cm). The Metropolitan Museum of Art, New York, Gift of J. Pierpont Morgan, 1917 (17.190.475)

 

 

 

 

それでも私は飛ぶ 翼の記憶1909-1940

それでも私は飛ぶ 翼の記憶1909-1940

 

 

 

 

 

 

 

f:id:cenecio:20190613111533p:plain

 

hbol.jp

 

toolbox.finland.fi

www.afpbb.com

 

 

 

 

 

香港デモ2.BBCまとめ記事

 

香港デモ、警官隊がゴム弾や催涙ガスを発射 改正案審議は延期 - BBCニュース

f:id:cenecio:20190613111643p:plain

www.businessinsider.jp 

https://www.bloomberg.com/news/articles/2019-06-13/how-encrypted-messages-car-crashes-helped-hong-kong-protesters

 

 

news.livedoor.com

www.bbc.com

 

bunshun.jp

 

 

www.hongkongfp.com

まとめ記事

www.bbc.com

香港デモが金融市場崩壊の起爆剤に。香港ドル消滅危機で富裕層は逃走準備を始めている=今市太郎 | マネーボイス

 

横断歩道! 香港デモ① アンテロープ・キャニオン  Bart Moeyaert の受賞

横断歩道

香港デモ 

 

 

 

 

 

 

 

 

  Bart Moeyaert 

 

 

 

 

ノアの死 カナダ先住民 さど情報 蘭circular economyトトロポスター センザンコウ


nos.nl

 

www.bbc.com

https://ichef.bbci.co.uk/news/624/cpsprodpb/E676/production/_107189985_gettyimages-927643490.jpg

 

 

www.afpbb.com

【6月4日 AFP】カナダで過去30年余りの間に多数の先住民女性が失踪したり殺害されたりした問題について、約2年半に及ぶ聞き取り調査の結果をまとめた最終報告書が3日、発表された。報告書は先住民女性に対する暴力の横行が「ジェノサイド(大量虐殺)」に相当すると断定したが、この結論に対しては異議も上がっている。

 公式推計では、カナダ先住民160万人のうち1980年~2012年に失踪したり、殺害されたりした女性・少女は1200人近くに上るとされている。しかし調査委員らは、実際の数がこの数倍である恐れがあると指摘した。

 報告書は、「植民地主義と植民イデオロギーに根付いた国の行為と怠惰」により、カナダ先住民の女性・少女は他の女性よりも暴力を受ける可能性が12倍高く、殺害される可能性が7倍高くなっていると結論。加害者については、先住民やそれ以外の家族やパートナー、知り合い、連続殺人犯を挙げている。

 だが報告書はさらに、先住民女性らの死に関連する要素として、貧困や人種差別、性差別などの社会問題に加え、先住民の社会統合強制を試みた初期入植者の取り組みにまでさかのぼる家族との分離、土地の強奪による長期的トラウマや文化の喪失を挙げた。その上で、カナダ先住民の安全、正義、健康、文化の向上に向けた231の対策を提案し、包括的な改革を求めた。

 調査委員会のマリオン・ブラー(Marion Buller)委員長は「厳しい現実として、われわれが住んでいる国では、法制度が基本的権利の侵害を永続させており、これは先住民の女性、少女、2SLGBTQQIAに対するジェノサイドに相当する」と指摘した。2SLGBTQQIAは性的少数者の総称で、ツースピリット(2S)、レズビアン(L)、ゲイ(G)、バイセクシュアル(B)、トランスジェンダー(T)、クィア(Q)、クエスチョニング(Q)、インターセックス(I)、アセクシュアル(A)の略。

 報告書の内容については、表現が強過ぎるといった批判や、ジェノサイドの国際的・法的定義に合致しないと指摘する声が上がっている。(c)AFP/Michel COMTE

dot.asahi.com

引用・・・

昨年7月から8カ月間、日仏友好160周年を記念して開催された「ジャポニスム2018:響きあう魂」。パリを中心にフランス各地で100以上にも及ぶ日本紹介イベントが行われ、300万人を動員した。そのトリを飾ったのが、今年2月15日から23日まで、パリの国立ラ・コリーヌ劇場で上演された村上春樹原作、故・蜷川幸雄演出の舞台「海辺のカフカ」(12年初演)だ。・・・

 

(斬新な舞台演出)

大小さまざまなアクリルケースが配され、中にはそれぞれ書斎やバス、図書館、公衆トイレ、公園ベンチなどが並ぶ。開幕と同時に、少女姿の寺島が閉じ込められているケースが舞台の前を横切る──。

 異なるエピソードを映し出すアクリルケースは、独特の時間軸で動かされ、観客に時空を超えた村上ワールドを視覚的に体感させた。

 物語では、15歳の家出少年の田村カフカ(古畑新之)とナカタさんがそれぞれ旅に出る。道中、言葉を話す猫やジョニー・ウォーカーカーネル・サンダーズなどシュールな登場人物と遭遇し、戦時中の記憶が現実に交錯したり、両者の間に不思議な接点がみえたりしてくる。後半、カフカ少年とナカタさんは運命的につながり、舞台は哀愁とノスタルジーに包まれる。

 書評家ジャン=ピエール・ティボデ氏は、自身のブログ「バラガン」で「同時並行する物語を、中越司の美術と服部基の照明が見事に再現した」と絶賛。「村上が小説に込めた情念を、蜷川も最後となった演出で共有していたに他ならない」と分析した。

1Q84』をはじめとする村上作品はフランスでも大きな人気を誇る。小説『海辺のカフカ』も、06年にフランス語版が出版され、その年の出版売上ランキングで35位を記録した。

 なぜ村上春樹は、フランスで愛されるのか。推理小説家で、パリ第8大学の哲学および理数論理学のポール・ルビエール教授は、こう分析する。

「村上作品に共通する、現実と夢の世界を行き来する物語がフランスでの人気の理由では」

 フランスは、表向きには移民や他宗教を受け入れ、開かれた国をアピールしている。だが、その結果、失業者の増加やテロ、毎週土曜日に黄色いベストを着て政権へ抗議する「黄色いベスト運動」が昨年11月から続くなど、社会問題は山積している。

「フランス人の内心には、古きよき時代へ思いを馳せ、現実逃避をしたいという傾向があることは否めない」(ルビエール教授)

 村上春樹は、千秋楽公演を前に来仏し、フランスの学生ら5人との交流会に参加。翌日新聞でも報じられた。

「太古の昔、人類は火を囲み、体験を分かち合って危険に立ち向かった。小説家も読み手の心を躍らせ、心配事やおののきから解き放ちたいという語り部役を担っている。私の創作の原点でもあります」(仏ルモンド紙)

 自身も自負するように、村上が描く世界は、フランス人の心の駆け込み寺になっているのかもしれない。(在仏ジャーナリスト・斎藤珠里)

AERA 2019年6月3日号

 

 

 

 

 

ナチス・ソビボル収容所「最後の生存者」が死去 大脱走劇で生還:時事ドットコム

 引用

Last known survivor of Sobibor Nazi death camp dies

Semion Rosenfeld, the last known survivor of the Nazi death camp Sobibor, has died aged 96, the quasi-governmental Jewish Agency said Monday.
The head of the Jewish Agency, Isaac Herzog, said he was very sad about the death of Rosenfeld, who he described as a true hero.
Semion fought the Nazis as part of the Red Army and was then sent to the Sobibor death camp as a prisoner of war, where he encountered death every day until the famous rebellion, Herzog said in a statement.
Rosenfeld had been a resident of Jewish Agency-supported assisted living for the past 20 years, Herzog said.
Born in Ukraine, the Jewish soldier was one of over 50 camp prisoners who survived World War II according to Israel's Yad Vashem Holocaust memorial centre.
Some 250,000 Jews mainly from eastern Poland but also from the Netherlands, Czech Republic and Slovakia died in Sobibor camp, which was in Nazi-occupied Poland, between May 1942 and the summer of 1943.
Rosenfeld managed to escape death even though his entire family was murdered by the Nazis, according to media reports.
In the most famous revolt from a Nazi camp, nearly 300 Sobibor captives including Rosenfeld escaped through the camp's barbed wire in October 1943.
I wasn't afraid. I didn't have time to think about it. I wanted to survive, Rosenfeld said later of the escape.
- 'Heroic deeds' -
Nearly 170 of the escaped prisoners were captured and shot dead, while Rosenfeld remained hidden in the woods until the spring of 1944, when he returned to the Red Army to fight the Nazis from its ranks.
Rosenfeld went back to live in Ukraine after the war and immigrated to Israel in 1990.
The Nazis demolished Sobibor to destroy any trace of the camp.
About 50 detainees from the camp survived after the war, according to Yad Vashem, the Holocaust memorial in Jerusalem.
With the last witnesses disappearing, it is our responsibility to tell their heroic deeds, Yad Vashem chairman Avner Shalev said in a statement.
Israeli Prime Minister Benjamin Netanyahu offered his condolences to Rosenfeld's family.
Rosenfeld fought in the Red Army, was taken prisoner by the Nazis, managed to escape the death camp and continued to fight Nazism. May his memory be blessed, he said, according to the public broadcaster KAN.
Rosenfeld, who leaves behind two sons and five grandchildren, was to be buried on Tuesday in the central town of Bnei Ayish, according to Israeli media.
More than six million predominantly European Jews were killed during the Nazi genocide in World War II, many of them by poisonous gas.
Israel's Central Bureau of Statistics said in 2017 that more than 212,000 people living in Israel were Holocaust survivors, in a country with a population of 8.7 million.
(2019/06/04

 ペギー

 

f:id:cenecio:20190610094706p:plain

 

https://www.ledauphine.com/isere-nord/2015/01/18/cent-ans-apres-charles-peguy-a-encore-a-nous-dire

 

Menu
Le Dauphiné Libéré
Connexion
Le journal Abonnement La boutique
/ ISÈRE-NORD / VILLEFONTAINE

LITTÉRATURE
"Charles Péguy a encore à nous dire" selon son arrière-petite-fille
Véronique est la fille de Michel Péguy, l’actuel mandataire des œuvres de Charles Péguy. À ce titre, elle entretient un lien privilégié avec l’œuvre de l’écrivain qu’elle avoue avoir découvert sur le tard.
Véronique est la fille de Michel Péguy, l’actuel mandataire des œuvres de Charles Péguy. À ce titre, elle entretient un lien privilégié avec l’œuvre de l’écrivain qu’elle avoue avoir découvert sur le tard.
Partager cette info
Le centenaire de la mort de Charles Péguy, en 2014, a remis au goût du jour l’œuvre de l’écrivain et poète. Son arrière-petite-fille, qui habite à Villefontaine, témoigne de son héritage intellectuel, plus que jamais d’actualité…

Véronique aura 40 ans cette année, l’âge auquel est décédé son illustre arrière-grand-père, Charles Péguy, et son grand-père Pierre, le 3e fils de l’écrivain. « Quand on passe le cap des 40, dans la famille, cela a du sens... », déclare la jeune femme avec un large sourire. Cette Lyonnaise, installée à Villefontaine (Nord-Isère) depuis peu et qui travaille pour l’école d’architecture de Lyon, est la fille de Michel Péguy, l’actuel mandataire des œuvres de Charles Péguy. À ce titre, elle entretient un lien privilégié avec l’œuvre de l’écrivain qu’elle avoue avoir découvert sur le tard. Son premier “contact” avec son aïeul remonte à 1990, lors d’un pèlerinage à Chartres pour les 50 ans de son père. « C’est un lieu fort pour Péguy qui y est allé plusieurs fois en pèlerinage, notamment lorsque son fils Pierre était malade », rapporte Véronique. La jeune femme qui a suivi des études d’histoire et d’histoire de l’art se passionne pour le parcours atypique de son arrière- grand-père.

Issu d’un milieu modeste et orphelin de père, Charles Péguy est le prototype de l’élève de la République : poussé par un enseignant qui lui obtient une bourse, il réussit le concours de l’École normale supérieure. Il adhère au parti socialiste et s’engage en faveur de Dreyfus. « Il s’est ensuite détourné du socialisme. Péguy s’est fâché avec beaucoup de gens, notamment Jaurès, raconte sa descendante. Il avait un caractère très fort. Il est toujours resté droit dans ses bottes ».

Face à la presse de l’époque qu’il trouve trop bourgeoise, Péguy crée sa propre maison d’édition. Dans “les Cahiers de la Quinzaine”, il fait passer ses idées et celles de nombreux penseurs de l’époque. « On dit souvent de lui qu’il est inclassable ou éternel insoumis », rapporte Véronique qui ne cache pas son admiration.

Une récupération politique et religieuse
Elle déplore que son œuvre ne soit plus enseignée aujourd’hui. « Il a pâti d’une récupération politique par l’extrême droite et les milieux catholiques traditionalistes, en raison de son parcours spirituel ». Charles Péguy est né à Orléans, comme une certaine Jeanne d’Arc, une figure qui l’a passionné et inspiré. « Le raccourci est facile », regrette Véronique.

Avec le centenaire de la Grande Guerre, « Charles Péguy, mort en 1914, est sorti de son purgatoire (1 ) », se réjouit son arrière-petite-fille. Outre la commémoration organisée à Villeroy où Péguy trouva la mort sur le champ de bataille, tué d’une balle dans la tête, la famille a organisé un colloque à Lyon en novembre dernier. « Ces journées n’étaient pas réservées qu’aux universitaires et aux Péguystes. Son œuvre est toujours d’actualité et trouve un écho dans notre société actuelle, juge Véronique. Péguy a encore à nous dire. Il peut réveiller notre sens critique. C’est un empêcheur de tourner en rond, une lanterne. Il est d’ailleurs un inspirateur pour beaucoup de contemporains ». François Bayrou, Edwy Plenel, Jacques Julliard ou encore Alain Finkielkraut sont membres de l’Amitié Charles Péguy, fondée en 1942.

L’homme de lettres a également donné son nom à de nombreuses écoles. Mais Véronique forme aujourd’hui le souhait que son œuvre réintègre l’enseignement, et qu’elle soit jouée. « C’est une forme de diffusion intéressante. Mon boulot en tant que descendante, c’est de diffuser son œuvre. Montrer qu’elle a encore de l’intérêt, 100 ans après. » Du point de vue personnel, l’arrière-petite-fille espère transmettre à ses propres enfants les valeurs défendues par Péguy : l‘esprit critique, la défense des plus faibles, une vie intérieure fournie et l’exigence avec soi-même. « Il y a quelque chose de pire que d’avoir une mauvaise pensée, écrivait Péguy. C’est d’avoir une pensée toute faite ». Une réflexion à méditer, plus que jamais, au regard de la récente actualité.

(1) À l’occasion du centenaire de sa mort, La Poste a édité un timbre C. Péguy avec le célèbre portrait réalisé par Egon Schiele.

Par Bénédicte DUFOUR | Publié le 19/01/2015 à 06:04 | Vu 5212 fois

 

f:id:cenecio:20190610122633p:plain

 

 ラバルクデュディオニソス

ドラぷら | 未知の細道 自由の風に吹かれて 佐渡島でナチュラル・ワイン作りに挑む

f:id:cenecio:20190610095343p:plain

f:id:cenecio:20190610095232p:plain

0259-67-7833

営業時間19:00~22:00

定休日月曜日・火曜日・水曜日・日曜日

f:id:cenecio:20190610103324p:plain

 

 

www.hinagata-mag.com

www.yomuhito.net

www.yomuhito.net

 

circular economy 

www.pbs.org

 センザンコウを救え

f:id:cenecio:20190618182816p:plain

www.bbc.co.uk

なつぞら プルースト 大塚康生フランスを行く 唐揚げ

 

シャネル社長が「豊洲移転」に異議唱える理由 | 街・住まい | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 同潤会アパート

 波紋集

ホームレス フィンランド 

 

山ちゃんの結婚で大騒ぎ

オランダで就労 

可愛い○○さん 

 

www.youtube.com


棒が一本あったとさ
はっぱかな
はっぱじゃないよ かえるだよ
かえるじゃないよ あひるだよ
六月六日に雨 ざあざあ ふってきて
三角じょうぎに ひびいって
あんぱんふたつ 豆三つ
コッペぱんふたつ くださいな
あっというまに
かわいいコックさん

 

 

クレール パリの女の子が探す「幸せ」な「普通」の日々

クレール パリの女の子が探す「幸せ」な「普通」の日々

 

 

 

セデック・バレ - Wikipedia

f:id:cenecio:20190607134039p:plain

http://www.u-picc.com/seediqbale/

 

headlines.yahoo.co.jp

friday.kodansha.co.jp

https://friday.kodansha.co.jp/article/36012

f:id:cenecio:20190607173922p:plain

ghibli.jpn.org

www.buta-connection.net

f:id:cenecio:20190607173619p:plain

http://www.buta-connection.net/studio/autres.php

 

鶏からは冷たい油に入れて揚げる 変わる家事の常識(NIKKEI STYLE) - Yahoo!ニュース

 6/2(日) 7:47配信 NIKKEI STYLE

鶏からは冷たい油に入れて揚げる 変わる家事の常識

冷蔵庫や洗濯機などを買い替えた時、新機種の機能が進化していて驚いたことはないだろうか。古いものを当たり前に使っている間に、世の中はずいぶんと進化していたりする。パソコンや携帯ならさらに、数年で激変してしまう。
家事の世界も実は同じで、日々いろいろな情報が書き変わっているのだけれど、習慣で昔と同じことを繰り返してしまいがち。家事もアップデートしていこう。
例えば、肉を焼くときはあらかじめ塩こしょうし、フライパンをよく熱してから入れて焼くとされてきた。だが、肉もフライパンも冷たい状態から火にかけ、徐々に焼き上げるほうがおいしいというのが新常識だ。
塩こしょうも焼き上がってから。最初に塩を振ると浸透圧でうま味が逃げ出してしまうし、こしょうも焦げてしまう。高温よりも、40~60度の温度帯でゆっくり熱を通すほうが肉のうま味が引き出されるそうだ。
鶏のから揚げも、適温に油を熱してから肉を入れるより、冷たい油から入れて徐々に揚げるほうが、失敗なくカリッと仕上がる。また、強火が常識の野菜炒(いた)めも、低温調理のほうがおいしいという説も出てきた。冷たいフライパンに切った野菜を入れ、上から油を回しかけて弱火でゆっくり炒める。あまり混ぜ合わせず2~3分放置しながら返すのがコツ。
野菜や肉を切ったそばからフライパンに入れていき、冷たい状態から調理を始めるのはおいしさにつながるだけでなく、結果的に時短になり洗い物も減るのがわかる。やってみると目からうろこだ。
野菜をゆでるのもたっぷりの湯はいらず、大さじ3ほどの水をフライパンに入れ、蓋をして蒸しゆでにしよう。ブロッコリーいんげんなどたいていの野菜はこの方法で火が通る。湯を沸かす時間もいらないし、栄養分も逃げないからおいしいのだ。最初に野菜に少量オイルをまわしかけてから蒸すと、軽く塩をするだけで温野菜サラダになる。とても簡単。
ゆでないと食べられないと思っていたカリフラワー、アスパラガスは、スライスして生で食べても美味。海外ではグリーンピースやそら豆も、さやから出してそのまま食べるところも。旬の新鮮なものは、みずみずしくてとてもおいしい。
いずれも、フライパンを熱したり湯を沸かしたりといったひと手間が減るだけでも、忙しい日々の中では結構大きいものだと思う。
料理だけでなく、そうじや洗濯などでも新常識は日々生まれている。もともと家事は伝承や伝聞で身につくことが多いので、情報のタイムラグが起きがちなのだと思う。以前は手抜きや邪道に見えたことが、今の新常識になっていることも。アンテナを立てて、新しい情報はどんどん取り入れ、いっぱいラクしましょう!
ももせいづみ東京都出身。暮らし、ライフスタイルを主なテーマとするコラムニスト。本コラムを含め、自著のイラストも自ら手がける。「新版『願いごと手帖』のつくり方」(主婦の友社)、「やれば得する!ビジネス発想家事」(六耀社)など著書多数。
日本経済新聞夕刊2019年5月21日付]