MUSKAのメモ

メモなのでけっこうすぐ消えます。

農村の街道を歩く畑野→両津&内海府海岸にそって馬首まで走り、杉山を見上げる。(オオウバユリ)

右も左も黄金色の稲穂

雨に倒されているのか。

f:id:cenecio:20180924111442j:plain

黄色と緑のグラデーションがきれい。

f:id:cenecio:20180924111608j:plain

右に折れると名所見物ができる。

国分寺と妙宣寺、でも今日はいかない。

f:id:cenecio:20180924111613j:plain

薪を積んで貯蔵しているお宅。ほぼ田んぼの中の一軒家。

f:id:cenecio:20180924111620j:plain

停留所の小屋。

f:id:cenecio:20180924111627j:plain

バスを待つのに座る椅子もありますね。

f:id:cenecio:20180924112010j:plain

 

家のなかにツタが茂っている。一瞬カーテンの模様かと思った。

f:id:cenecio:20180924112532j:plain

きれいなお宅(お店)なのにほぼ廃墟。玄関の辺も草で覆われている。

f:id:cenecio:20180924112537j:plain

食器が地面に散らばっている。

f:id:cenecio:20180924112539j:plain

f:id:cenecio:20180924112543j:plain

 

また別のお宅。無人のようだ。

f:id:cenecio:20180924112548j:plain

いっくうばし。きれいな赤玉石に鎮座するカエル。

f:id:cenecio:20180924112553j:plain

 

マルモ味噌。

小田茂平治家の創業「マルモ味噌」、明治38年にさかのぼる。

といっても現在は廃業しているらしい。

f:id:cenecio:20180924112602j:plain

f:id:cenecio:20180924112613j:plain

f:id:cenecio:20180924112619j:plain

いたんではいるけれど、立派な建物だ。どう生かすかな。

http://sado2298.blog.fc2.com/blog-entry-43.html

 

畑野西町の停留所がおしゃれ!

黄色と白の椅子が黄色のひまわりと呼応して楽し気。

f:id:cenecio:20180924114045j:plain

f:id:cenecio:20180924114050j:plain

ほらね~!

 

これは凄い建物だな。

f:id:cenecio:20180924114055j:plain

佐渡案内写真大集』(大正14年刊)によれば、

畑野一宮橋際

若林内科・皮膚科医院

f:id:cenecio:20180924114104j:plain

大正二年若林篤之が開業。この人は金沢医専で西洋の医学を学んだ。建物はもと料亭だったらしい。

f:id:cenecio:20180924114117j:plain

あとで図書館で調べてみると解説があった。

f:id:cenecio:20180924121822j:plain

 

両津に戻った。

キャンピングしながら自転車旅行をしている人がいた。

f:id:cenecio:20180924122339j:plain

今日はすばらしい天気だから山登りに最適なんだが…。

f:id:cenecio:20180924122401j:plain

調べ物をした両津図書館。

f:id:cenecio:20180924122824j:plain

閲覧室。

f:id:cenecio:20180924122828j:plain

小さな公園。

f:id:cenecio:20180924122757j:plain

佐渡市は2018年度末までに老朽化している建物・施設の廃止を検討している。両津地区はこの図書館の入っている建物が取り壊される。というのも2004年に市町村合併後にスポーツ・文化施設はすでに複数作られているからだ。

他には真野体育館、真野武道館、新穂体育館、小木体育館、などがあがっている。

 

 

#オオウバユリ

f:id:cenecio:20180924122422j:plain

今年の挑戦はこのオオウバユリの種を入手してうまく育てること。

ウィキペディア

オオウバユリ(大姥百合、学名:Cardiocrinum cordatum var. glehnii )はユリ科ウバユリ属の多年草。ウバユリの変種として扱われる。

本州の中部以北、北海道に分布し、やや湿り気のある林内、林縁に自生する。

北海道札幌市北区屯田防風林では、アイヌ文化の保護の意味合いもあって、数ヶ所にオオウバユリの保護区域が設けられている。

高さは1.5 - 2.0mくらいになり、花期は7 - 8月で、10 - 20個の黄緑色ないし緑白色の花をつける。翌春まで立ち枯れした、実をつけた茎をみることがある。

花をつけた株は一生を終えるが、元株の脇に子株が育っている。

関東地方以西から四国、九州に分布するウバユリより大型で、花の数も多い。

鱗茎はデンプンを含み、食用にできる。北海道では、アイヌによりトゥレプの名で食用にされ、アイヌ民族が用いる植物質の食品の中では穀物以上に重要な位置を占めていた。

旧暦4月をアイヌ語で「モキウタ」(すこしばかりウバユリを掘る月)、5月を「シキウタ」(本格的にウバユリを掘る月)と呼び、この時期に女性達はサラニプ(編み袋)と掘り棒を手に山野を廻り、オオウバユリの球根を集める。

オントゥレプ
直訳すれば「醗酵させたウバユリ」。トゥレプ(オオウバユリ)から澱粉を抽出する際、同時に集めた皮や繊維などのカスを醗酵させて作った保存食である。

オオウバユリの球根を潰して水に晒した際、水面や水中に浮く繊維や皮をイチャリ(笊)で集める。
よく水気を絞ったのち、蕗やヨブスマソウの葉で包んで3~10日ほど寝かせ、醗酵させる。この醗酵作業を「オン」という。
オンさせたものを臼に入れ、よく搗き潰す。搗きあがったらこねてドーナツ状に丸め、乾燥させる。
紐を通して炉の火棚に吊るして貯蔵する。
食べる際は搗き砕いて水でもどし、団子にしてサヨ(粥)に入れる

 

オオウバユリ - Wikipedia

2018年12月 種をもらった。

f:id:cenecio:20181224135609j:plain

 

追記:歩いているとき佐渡警察署の工事現場に出くわす。警備員の人が親切に説明してくれた。

f:id:cenecio:20180924124559p:plain

 

自転車で内海府海岸沿いに馬首まで行ってみた。

路線バスだと内海府線。

この日は曇り空でちょっと残念。

f:id:cenecio:20180924131521j:plain

きれいなコスモス畑。といっても野生だと思うが。向こうに大佐渡山脈が見える。

f:id:cenecio:20180924131534j:plain

f:id:cenecio:20180924131609j:plain

f:id:cenecio:20180924140915j:plain

廃墟が多い。紅葉したらまたきれいだろう。

f:id:cenecio:20180924141148j:plain

f:id:cenecio:20180924141357j:plain

 

和木に着いた。和木川に沿って山を登ると杉の巨木に出会える。

今日は行けないから山を見上げるだけ。

f:id:cenecio:20180924141733j:plain

f:id:cenecio:20180924141027j:plain

↓右上に案内板が出ている。

正面に馬首幼稚園、左に小学校の校舎が見える。でも今は両方とも使っていない。

桜の名所だそうだ。

f:id:cenecio:20180924141742j:plain

f:id:cenecio:20180924141021j:plain

杉のグラデーション

f:id:cenecio:20180924141950j:plain

 

 

f:id:cenecio:20180924131718j:plain

すてきな遊び場。

f:id:cenecio:20180924131724j:plain

一枚だけある田んぼ。

そして道路と海岸と海。

f:id:cenecio:20180924131732j:plain

f:id:cenecio:20180924131741j:plain

いろいろなお宅があるが↑

↓茅葺の屋根を持つものはめったに見ない。

それよりもっと驚いたのはこの家の離れらしき家屋に・・・

f:id:cenecio:20180924131746j:plain

f:id:cenecio:20180924131751j:plain

ペコちゃん人形が立っていたことだ。

さっきの茅葺きと一緒に撮ってみる。

f:id:cenecio:20180924131757j:plain

不気味でおもしろい。

もう誰も住んでいない民宿。「旅情」というのがいいな。

f:id:cenecio:20180924141033j:plain

 

廃倉庫?なかにツタが茂っている。

f:id:cenecio:20180924141040j:plain

f:id:cenecio:20180924141046j:plain

 

 

資料:

f:id:cenecio:20180924110107j:plain

f:id:cenecio:20180924131350p:plain

新潟県:和木漁港(第1種 佐渡市管理)

f:id:cenecio:20180924190151p:plain

トレッキングコース ::: 佐渡島の花トレッキング

f:id:cenecio:20181010115416j:plain