MUSKAのメモ

メモなのでけっこうすぐ消えます。

サカモト&ヨーロッパ航空航路& 女性パイロット万歳 カジミエシュ・ピエホフスキ&ミシュリーヌ・デュモン

株式会社サカモトはおもしろい。

www.daimarufujii.co.jp

www.sakamoto-co-ltd.jp

 

🌸便利なまとめ

wikitravel.org 

 ヨーロッパ航空航路とは日本や東南アジアからヨーロッパへ向かう航空航路のこと。南回りヨーロッパ線、北回りヨーロッパ線(ポーラールート)、シベリア上空経由路線などがある。

1930年代、南回りヨーロッパ線が東南アジアの植民地からヨーロッパの宗主国へ向かう航空航路として開設された。
1950年代、スカンジナビア航空SAS)が北極圏経由の北回りヨーロッパ線を開設し、飛行時間を大幅に短縮した。
1990年代、ソ連崩壊によりシベリア上空の航空航路が全面開放されたことでシベリア上空経由路線へとシフトした。
現在は、シベリア上空経由路線がメインであるが、南回りヨーロッパ線もカンガルールートと合わせて生き残っている。

南回りヨーロッパ線
日本などの極東から、東南アジア、南アジア、中東などを経由してヨーロッパへ向かう航空経路のこと。 一番古くから運行されていた。1930年代にエールフランスやKLMオランダ航空が乗継ありの便として、1940年代に英国海外航空などが機材、便の変更をしない直通便として運行していた。

南回りヨーロッパ線は、飛行距離や飛行時間が長く、乗客から不評であっただけでなく、パイロットやスチュワーデスなどの乗員管理が難しいという問題や、戦争や政情不安の多発、霧、砂嵐、南方特有の前線活動の激変といった特異な気象状況、寄港地国の飛行資料や情報の不正確さ、空港設備の不備がかねてから問題となっていた。

この様な状況を解決すべく、1957年にスカンジナビア航空ソビエト連邦上空を迂回した北極圏経由の北回りヨーロッパ路線を開設し、飛行時間を大幅に短縮し乗客から好評を得た。その後1960年代に入り、ボーイング707やダグラスDC-8などの長距離飛行が可能なジェット機が就航したことから、スカンジナビア航空の後を追って日本航空エールフランスなども相次いで北極圏経由の北回りヨーロッパ線を開設し、南回りヨーロッパ線は次第に主役の座から降りていくことになる。
その上に、1960年代中盤から1970年代後半にかけて、南回りヨーロッパ線の経由地の西アジアや中東諸国における戦争や政情不安が頻発し、ハイジャックや旅客機へのミサイル攻撃、政変や内戦などに伴う空港の閉鎖などが幾度か発生したことから旅客からも敬遠されることが多くなり、南回りヨーロッパ線は航空路線として完全に「裏街道」的扱いになってしまう。

南回りヨーロッパルートの一例

・東京=マニラ=バンコク=ラングーン=カルカッタ=ニューデリー=カラチ=バーレーン=カイロ=ローマ=ロンドン(1952年:英国海外航空、機材:デハビランド DH.106 コメットI、経由地:9箇所)
・東京=香港=バンコクカルカッタ=カラチ=クウェート=カイロ=ローマ=フランクフルト=パリ(1961年:エールフランス航空、機材:ボーイング707、経由地:8箇所)
・東京-香港-バンコク-ニューデリー-カラチ-ベイルート-アテネ-ローマ(1972年:日本航空、機材:ダグラスDC-8、経由地:6箇所)
・東京-北京-カラチ-アテネ-パリ(1979年:エールフランス、機材:ボーイング707、経由地:3箇所)
・東京-マニラ-バンコク-クウェート-アテネ-コペンハーゲン(1979年:スカンジナビア航空、機材:ダグラスDC-8-63、経由地:4箇所)
・東京-香港-バンコク-カラチ-アテネ-フランクフルト(1981年:ルフトハンザ・ドイツ航空、機材:ダグラスDC-10-30、経由地:4箇所)

1960年代から1980年代にかけては、北極圏経由の北回りヨーロッパ線の唯一の中継地点であるアンカレッジ国際空港は、燃料補給のため着陸するアジアやヨーロッパの航空会社の大型旅客機で一年中賑わうようになり、空港ターミナル内には一時寄港する日本人乗客のための大型免税店やうどん屋まで登場した。

北回り直行便の登場
1983年にはフィンランド航空が、マクドネル・ダグラスDC-10の改良型により、東京~ヘルシンキの直行便を開設した。これは、ソビエト領空を避けてベーリング海峡上空を通過することにより、日本とソビエト以外のヨーロッパの都市を始めて直行便で結んだ画期的なものであった。

https://cdn.uc.assets.prezly.com/91ee2b85-4f5e-49fc-b1dc-baf2d905bf9f/-/resize/1108x/-/quality/best/

Brussels Airlines and Moulinsart create unique Tintin aircraft

 おもしろい記事。

www.huffingtonpost.jp

 

f:id:cenecio:20180524114428p:plain

FW :フォッケウルフ(Focke-Wulf) 戦闘機

 

12月16日

ナチスの収容所から脱走した男 カジミエシュ・ピエホフスキ(Kazimierz Piechowski)氏、死去。

www.afpbb.com

www.youtube.com

www.washingtonpost.com

 

ミシュリーヌ・デュモン(Micheline Dumon)追悼

レジスタンスも亡くなった

www.washingtonpost.com

https://i.guim.co.uk/img/media/6a5c9fbf0b9cb5fe19df7d4e11e804f416cc19f9/0_69_1000_600/master/1000.jpg?w=620&q=55&auto=format&usm=12&fit=max&s=3260b76a627c491ebad389c390c53eeb

www.theguardian.com

 

 追記:脱走の話

f:id:cenecio:20180822150948j:plain