MUSKAのメモ帳

倉庫のようなもの。記事は消えることが多い。

谷口の原画展・歩く男を再び・芸術新潮の追悼 ほか

原画展があったというのに逃してしまった😢

いつか別のチャンスがあるかも。headlines.yahoo.co.jp

(略)

主催した一般財団法人パピエの米澤伸弥さんから、「谷口ジローの世界」の一端をうかがい知るヒントになりそうな話を聞いた。

「谷口さんは鳥取の高校を出て京都で就職し、半年で辞めて上京してからずっと東京西部の郊外に住み続けた。だからなのか、漫画の背景には武蔵野の風景がたびたび出てきます。故郷の風景を舞台にした作品もありますが、後期の作品は西東京の風景から生まれたドラマでもあります。隣近所との付き合いや土地との強いつながり、そういったものの希薄な世界に生きながら普遍的なものに触れる、そんな面もあると思います」

描くひと 谷口ジローの世界
・会期:2017年12月9日(土)~22日(金)
・会場:日仏会館ギャラリー(東京都渋谷区恵比寿3-9-25)
・開催時間:火~金12時~19時、土・日11時~18時(月曜閉館)
・入場無料

 

そういう時は2015年に作られた谷口さんのドキュメンタリを見よう。

http://www.bdangouleme.com/744,dans-les-pas-de-jiro-taniguchi-l-homme-qui-marche

f:id:cenecio:20180201172902p:plain

f:id:cenecio:20180201180602p:plain

www.youtube.com

すばらしいドキュメンタリです。アングレーム2015(Festival International de la Bande Dessinée)で公開された。Nicolas Finet とNicolas Albert が、鳥取とフランスで2014年の9月から11月の間に撮影。

返す返すも谷口さんがいなくて残念で悲しい…。

鳥取駅に谷口さんのポスターが貼ってあるんですね。

f:id:cenecio:20180202140731p:plain

f:id:cenecio:20180202141846p:plain

www.kurayoshi-kankou.jp

 

いつか必ず行ってみたい。

f:id:cenecio:20180202142801p:plain

この料理屋はどこだろう。おいしそう!

f:id:cenecio:20180202141407p:plain

パリ6区、ボナパルト通り66番地。 1995年に谷口の『歩く人』が初めてフランス語に翻訳され、これがフランスおよびヨーロッパでの人気に火をつけたのだが、渡仏のさい、(À suivre)*というマンガの月刊誌のオフィスが入っていたこの建物でインタビューを受けた。ビデオのなかでコリンヌ・カンタンさんがそう語っている。

*(À suivre)誌:1978ー1997年、 Casterman出版社 (À suivre) — Wikipédia

 

🌸ついでに見つけた記事も貼っておこう

ペータース&スクイテン 創作し続けるために
[2013.08.07]

f:id:cenecio:20180201181455p:plain

www.nippon.com

 

芸術新潮 2017年 07 月号★

谷口特集

f:id:cenecio:20180202133842j:plain

f:id:cenecio:20180202133848j:plain

f:id:cenecio:20180202133851j:plain

f:id:cenecio:20180202133856j:plain

f:id:cenecio:20180202133858j:plain

 

過去記事

cenecio.hatenablog.com 

谷口さんがよく散歩していた公園。春になったら行こう。

殿ヶ谷戸庭園 | 庭園へ行こう。

teien.tokyo-park.or.jp

2011年7月15日 フランス文化省から芸術文化勲章シュヴァリエを受賞。

eiga.com

http://eiga.k-img.com/images/extra/1691/taniguchijiro_large.jpg?1424924603

natalie.mu

www.nippon.com

 

f:id:cenecio:20180206165817p:plain

 À la rencontre du grand maître de la BD japonaise.
Familier de longue date de l’oeuvre de Jirô Taniguchi, Benoît Peeters a mené avec l’auteur de Quartier lointain une série d’entretiens au long cours, la plupart réalisés au Japon avec le concours de Corinne Quentin pour la traduction. Il ne s’agit pas ici d’un travail journalistique, mais du dialogue approfondi de deux auteurs, qui confrontent leurs regards et leurs points de vue. Jirô Taniguchi s’y livre avec sincérité comme il ne l'avait encore jamais fait. De nombreux éléments visuels inédits – photos, dessins, ainsi qu’un récit court en bande dessinée, encore jamais publié – viennent compléter l’ouvrage, pour en faire le grand document de référence consacré au maître japonais.

 

f:id:cenecio:20180206170714p:plain

Exclusif. Les dernières planches de Jiro Taniguchi - Le Point

www.sankei.com

www.franceplusplus.com

nlab.itmedia.co.jp

www.lemonde.fr

www.lemonde.frtochuu 

vivrelivre19.over-blog.com

 

http://medias.lemonde.fr/mmpub/xml/flash/gifanime.gif 

追記:2018年2月

www.nippon.com