MUSKAのメモ帳

倉庫のようなもの。記事は消えることが多い。

旅するペンギンちゃん&宜蘭クレオール 西垣敬子さん 超正統派ユダヤ人Chassidische joden

 旅するペンギンちゃん

グリンピースのキャンペーン 南極海保護のため ペンギンを旅に出す

https://creapills.com/wp-content/uploads/2018/01/pingouins-papier-sensibilisation-greenpeace-1.png

creapills.com

紙で作ったペンギンが世界のあちこちの都市にお目見えした。

 

南極の海を保護し、気候温暖化に敏感になってもらいたい、南極に生きる動物たちが安全に安心して住める場所にするため、およそ180万㎢の保護区を作ろう、というもの。

“March of the Penguins”は以下の都市で見られた。

Londres, Sydney, Washington, Séoul, Stockholm, Barcelone, New Dehli, Buenos Aires, Johannesburg, Istanbul , Oslo

東京は残念ながらないけれど。

f:id:cenecio:20180201155259p:plainf:id:cenecio:20180201155338p:plain

f:id:cenecio:20180201155405p:plainf:id:cenecio:20180201155437p:plain

f:id:cenecio:20180201155513p:plain

 ただ気になるのはこうしたイベントに「日本」「東京」という文字が消えたこと。

 

中国国内で使われる言語の多さ! 

f:id:cenecio:20181011151742p:plain

カモさんご一行

f:id:cenecio:20180802101903p:plain

 

Minnesota Photographer Captures the Unusual Sight of a Mama Duck With a Giant Brood of 76 Ducklings

f:id:cenecio:20180802171639p:plain

カモさんご一行 カモではなくカワアイサ

Minnesota Photographer Captures the Unusual Sight of a Mama Duck With a Giant Brood of 76 Ducklings

f:id:cenecio:20180802171639p:plain

 

原発への攻撃、極秘に被害予測 1984年に外務省
asahi.com記事2011年7月31日5時0分

asahi.com(朝日新聞社):原発への攻撃、極秘に被害予測 1984年に外務省 - 東日本大震災

f:id:cenecio:20180802102120p:plain

 

宜蘭クレオール  台湾に残る日本語のおもしろさ

f:id:cenecio:20181011152017p:plain

f:id:cenecio:20180802102711p:plain

mainichi.jp

 

超正統派ユダヤ人の日常生活を写真に収めて約10年。そのDan Zollmann 氏の写真展がまもなく始まる。

場所:Kazerne Dossin, Goswin de Stassartstraat 153, 2800 Mechelen.
weekend.knack.be

http://danzollmann.com/wp-content/uploads/2018/02/BUREN-2018.jpg

http://danzollmann.com/fotos/

f:id:cenecio:20180210141743p:plain

f:id:cenecio:20180210141840p:plain

アントウェルペンで住んでいた地域を思い出し、ひたすら懐かしい。

 

↓私が撮った写真。2016年1月

f:id:cenecio:20160528161856j:plain

ハシディズムとは

ドイツ語:Chassidismus、英語:Hasidism, Hasidic Judaism

有徳で思いやりのある行動であることを意味するヘブライ語「ヘーセド chesed חסד "loving kindness"」に起源を持つ「敬虔な者 pious」(ハーシード chāsīdh, chosid)という言葉に由来する、超正統派(ハレディーム、חרדים - Haredim)のユダヤ教運動のこと。18世紀にバアル・シェム・トーヴが開始したとされる。敬虔主義運動とも訳される。ガリツィア地方がその中心であった。

ハシディズムの集会
少人数によるミクラー・ラビ文学の研究より、大勢による祈りを重視する。(ウィキペディア

 集会

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d0/Dombrovnadvorna.jpg

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d0/Dombrovnadvorna.jpg

 

いい話を聞くのはいつでも嬉しいものだ。

ホームレスから一流シェフに!

www.afpbb.com

f:id:cenecio:20180215093935p:plain

 ジアームさんはAFPの取材に対し「独学で、元ホームレスで、19歳で皿洗いから始めた私のような人間にミシュランが注目するとは思わなかった」と語った。「ミシュランは有名ホテルで働いているシェフや、巨匠に弟子入りした人たちのものだと思っていた。素敵なサプライズだね」

 ジアームさんは西アフリカのリベリアで、レバノン人の両親の元に生まれた。一家は戦地を転々とし、最終的にレバノンの首都ベイルート(Beirut)に戻った。その頃にはすでにジアーム少年は料理に夢中で、放課後はアニメではなく料理番組を見るようになっていた。

 レバノンで兵役に就くと、ジアームさんは料理をするようになった。連隊長はジアームさんの料理に心酔し、個人的にお抱えシェフとして雇うほどだった。

 しかしフランスに渡った後、ジアームさんは料理の道を志さずに、昼は建設作業員として働き、夜はピザを配達したり皿を洗ったりする日が続いた。

 するとある日、皿洗いをしていたレストランのシェフがナイフで手を切り、病院に搬送されてしまった。「表では14卓あるテーブルでお客さんたちが待っていた。誰に頼まれたわけでもないが、代わりに料理をし始めた。皆さんに食事を出し、とても喜んでいただけた。するとオーナーが来て、『君、料理できるんじゃないか!』と言うので、『ええ』と答えたんだ」

 ミシュランの星を獲得したことについて息子が学校で友達に自慢しているんだ、と笑うジアームさん。自分の成功は、リベリアで「すべてを失い」、レバノンに戻った後も内戦に翻弄(ほんろう)された両親のおかげだと考えている。10歳から父親の食料品店で働いたことで商売のスキルを養い、母親からは「人を愛し、どうやって料理をするかを学んだ」とジアームさんは振り返った。(c)AFP/Paloma SORIA BROWN

 

入力ミスを英語で何というか。

正式に言うと、 Minor Typographic Error。
Typographic の頭文字4文字をとって「typo(タイポ)」。
印刷業界用語が一般化した単語です。

It’s a typo. Sorry.
それミスタイプです。ごめんね。

Sorry for the typo.
すみません、スペルミスです。

打ち間違い(タイプミス)した時の英語表現、とっさの一言「typo」 - Webデザイナーのビジネス英語備忘録

 

f:id:cenecio:20180123092115p:plain

f:id:cenecio:20180123092140p:plain

 

凄い女性! 

  宝塚・アフガニスタン友好協会代表の西垣敬子さん

なんと82歳でイランに留学。

f:id:cenecio:20180225115045p:plain

https://mainichi.jp/articles/20170906/ddf/041/040/020000c

 

 

東京ではモスク不足をこうして解消

五輪に備える

f:id:cenecio:20181011152636p:plain