MUSKAのメモ

メモなのでけっこうすぐ消えます。

自己治癒するコンクリート&若冲 スマーフの飛行機 グラス盗難 幽霊画 農薬ゼロの仏ドキュメンタリ

建物や高架橋、壁や道路などのコンクリートのひび割れを、菌を利用して直させる。まあ、よくも思いついたものだ。

発明したのはオランダ・デルフト工科大学のヨンカース氏。

”European Inventor Award”受賞。

f:id:cenecio:20180322172017p:plain

こちら、簡潔でわかりやすいビデオ。英字幕。

Hendrik Marius Jonkers - Self-healing concrete containing bacteria

www.youtube.com

 

 漱石草枕』の文庫版が出る、なんていうフランス人のツイートを見るとつい嬉しくなって貼ってしまう。

 可愛い!

 

 日本の街角やお店を描くポーランド人アーティスト 

 

 パリでこの秋 大規模な伊藤若冲

Japonismes 2018 : le programme d’une grande saison culturelle

 

f:id:cenecio:20180323134905p:plain

f:id:cenecio:20180323134927p:plain

 運河に文化拠点

シトロエン倉庫に美術館など

www.lesoir.be

f:id:cenecio:20180323135635p:plain

 

0 ユーロ紙幣 カール・マルクスの肖像^^

https://img-9gag-fun.9cache.com/photo/aExgBoe_700bwp.webp

"Zero Euro" Celebrates 200th Birth Anniversary of Karl Marx | Mintage World

 

 

 スマーフの飛行機

f:id:cenecio:20180322182026p:plain

www.youtube.com

プライバシー保護のため、ストリートビューのない国 ドイツ

 

 

おやまあ、大変!

 グラスを持ち去る人がそんなにいるなんて考えてもみなかった😢

http://plus.lesoir.be/sites/default/files/dpistyles_v2/ena_16_9_extra_big/2018/03/20/node_146431/18023235/public/2018/03/20/B9715108819Z.1_20180320091128_000+GCEAU3DMR.2-0.jpg?itok=BbTvRkEd

 A Bruges, Philip Maes, le propriétaire du café Beerwall, évalue à 4.000 le nombre de verres qui lui sont dérobés chaque année. 

ブリュージュのビアカフェ(café Beerwall)は年間4000個のグラスが盗まれるといっている。特に「人気」なのはクラシックタイプや写真のような特殊なもの。

 

ゲントのカフェでは盗難防止に客の靴の片方を預かる。

https://munchies.vice.com/nl/article/3kjzp9/waarom-je-in-dit-belgische-cafe-pas-bier-krijgt-als-je-je-schoenen-inlevert

f:id:cenecio:20180324102037p:plain

f:id:cenecio:20180324102256p:plain

たしかに片方の足は靴下だ^^

 

5日にひとつ高層ビルが建つ国 中国

世界中から資源をかき集めて。

今日初めてその絵を見た。

ジョヴァンニ・セガンティーニ - Wikipedia

恐るべしだな。セガンティーニ、人生も波瀾万丈を絵に描いたよう。

いずれゆっくり調べてみよう。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/9/93/Segantini_Die_Strafe_der_Woll%C3%BCstigen.jpg/1024px-Segantini_Die_Strafe_der_Woll%C3%BCstigen.jpg

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/a/a0/The_Evil_Mothers_by_Giovanni_Segantini.jpg/1024px-The_Evil_Mothers_by_Giovanni_Segantini.jpg

写真:ウィキペディア

 

 パリでメロンパンが買えるとは!

おめでたいニュース 

ストロマエがパパになる!

f:id:cenecio:20180318114931p:plain

soirmag.lesoir.be

もうすばらしいの一言!

トラベルオレゴンジブリ・オマージュ画像 

f:id:cenecio:20180319093127p:plain

f:id:cenecio:20180319093516p:plain

f:id:cenecio:20180319093653p:plain

f:id:cenecio:20180319093809p:plain

幽霊画 

まとまったよい記事

www.nippon.com

懐かしい!思い出した。↓

うらめしや~、冥途のみやげ展
2015年7月22日(水)~ 9月13日(日)東京藝術大学大学美術館(

うらめしや〜、冥途のみやげ展 » 上野・浅草ガイドネット

f:id:cenecio:20180320113219j:plain

 

農薬ゼロ ZÉRO PHYTO 100% BIO フランスのドキュメンタリ

https://www.dahu.bio/images/zero-phyto-100-bio/affiche/affiche-zero-phyto-100-bio-web-contour.jpg

f:id:cenecio:20180317105350p:plain

Zéro Phyto 100% Bio
ギヨーム・ボダン氏はワインと作っていたが、映画製作を独学し、有機農業がテーマの本作Zéro Phyto 100% Bioを制作。

公共スペースで農薬を禁止する取り組みの町を回って取材。同時に有機野菜を使った給食の在り方も考える。 Barjac村(『未来の食卓』*)やMouans-Sartoux市の市営の農園などが紹介される。