MUSKAのメモ

メモなのでけっこうすぐ消えます。

関根拓さん 菅野よう子さん 何歳で親元を離れる?MaaS メヘレン市長 中国アニメ

舞田敏彦Twitterより

 

 

L'OBS紙に大きな紹介記事

DERSOU の関根 拓シェフ 

f:id:cenecio:20180507095733p:plain

Taku Sekine, le chef freestyle

 

↓日本語の記事

www.fashionsnap.com

www.elle.co.jp

business.nikkeibp.co.jp

 引用

フランスで今、最も信頼されているとレストランガイド「フーディング」が年に1店だけ選ぶベストレストラン。2015年選ばれたのが、2014年にオープンしたパリの「Dersou(デルス)」でした。

毎年春、世界中から国もジャンルもスタイルも問われず、120人ものトップシェフやパティシエが集い、パリで3日間、開催される国際的な料理イベント「オムニヴォール」。こちらにも招かれ、2015年のオムニヴォールが選ぶベストオープニング賞も獲得しました。

ニューヨーク・タイムズ紙をはじめ、世界中のメディアも高く評価。世界中の食通たちが続々と店を訪れています。その「Dersou」のオーナーシェフが、関根拓さんです。

「アラン・デュカス」や「エレン・ダローズ」、「サチュルヌ」、「クラウン・バー」など名店で腕を磨いてきましたが、「Dersou」が提供しているのは、フレンチやアジアンといったジャンルの垣根を取り払ったオリジナリティ溢れた料理の数々。 

business.nikkeibp.co.jp

 引用

「いろんな気づきがありました。言われたことをただやっているほうがラクなんだな、とか、自由は自分で手に入れるものなんだな、とか。自由というのは、自分の意思を実現するベースであり、自由を手に入れるためには、自分で環境を整えていかないといけない。自由との関わり方のようなものを見つけることができたと思っています」

大学は早稲田大学政治経済学部に進みますが、次第に自分の本当の興味と関心に気づいていくことになります。それは、政治や総理への道ではなく、哲学や外国の文化でした。ゆくゆくは外国で仕事をしてみたい、と関根さんは考えるようになりました。

ただし、考えるだけではなく、すぐに行動に移してしまう。それが関根さんです。

「まずは語学を身につけようと思いました。英語はもちろん、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、韓国語も始めました」

「その後、まだヨーロッパに行ったことがなかったので、大学3年でイタリアに行きました。せっかくならば、住むように旅がしたいと思い、トスカーナ州シエナに2カ月、語学学校での勉強も兼ねて長期滞在しました」

この語学留学が関根さんの運命を変えました。イタリア滞在中に通った語学学校には料理講習が含まれていたのです。

「机上の語学学習ならば日本でいくらでもできますが、生きた語学を学ぶならば、現地に行くしかない。そこで、僕が選んだ街はカナダのモントリオールでした。モントリオールはフランス文化圏が混じっていて、英語とフランス語のどちらもが日常会話で使われている。語学を習得するのにはうってつけの街でした」

 

 Dersouオープン 2014年

改めて思ったのは、やっぱり常に感動が真ん中になきゃいけない、ということです。料理のカテゴリーとか外からの評価なんて、実はどうでもいいことなんです」

そんな関根さんが始めた「Dersou」のひとつの大きな特徴は、カクテルとのペアリングです。料理ごとに、パートナーとなったバーマン、パリナンバーワンのバーテンダーになったこともあるアモリ・ギヨーさんがカクテルをつくり、出してくれるのです。

・・・

「PRはすべて自分でやっています。PR会社に払うお金があるのなら、もっとおいしい鴨を買いたいですね(笑)。ジャーナリストを招待したことも一度もないです」

は~、いやはや凄いのひとこと。

f:id:cenecio:20180507103328p:plain

ドイツ ゴシックの祭り 

 

昨年の様子 どなたかのブログ

www.thegypsythread.org

f:id:cenecio:20180519115247p:plain

f:id:cenecio:20180519115335p:plain

 

菅野 よう子さんってすごい人気!

 そんなことも知らず、なんせこの分野疎いのでwikiで調べたら凄い人だった。

www.youtube.com

ウィキペディアより「評価」の項目 引用

・『マクロスプラス』での菅野の仕事を境に、アニメサントラの潮流が変わったとしばしば指摘されている。

Elements Garden代表の上松範康は高校生時代に『マクロスプラス』の音楽に出会い、アニメ業界を志したと語っている。

・日本のアニメソングをカヴァーしているハウスミュージシャン/プロデューサーのラスマス・フェイバーは、10代の頃『マクロスプラス』を知って以来、菅野の大ファンだと述べている。

・アニメ音楽家の先輩である田中公平も「彼女の出現以降、日本のアニメがより一層世界中の注目を集めた」と語り、菅野に対して感謝を述べている。田中は菅野の音楽の変遷について、デビューから1990年代までを「センスの時代」、2005年頃までを「サウンドの時代」、それ以降を「洗練された下世話の時代」と表現する。

・後輩の神前暁は「同じアニメ作品にかかわるコンポーザーとして、遥か遠くに見える超えたい壁」と評している。

・俳優の小栗旬は『カウボーイ・ビバップ』の音楽のファンで菅野のCDをすべて持っており、監督としての初作品『シュアリー・サムデイ』の音楽を菅野に直接依頼した。

・女優の長澤まさみは実写映画『ハチミツとクローバー』から菅野を知り、『海街diary』の撮影の始まりに是枝裕和監督に菅野を推薦したこともある。長澤は「五感で作品を記憶させてくれるような菅野さんの映画音楽が大好きで、いつか彼女の音楽が付いた映画に出てみたかったんです」と語っている。

・現代ジャズ/フュージョン界の第一人者で、グラミー受賞アーティストのパット・メセニーは自身のアルバムのプロモーションのインタビュー中、前後の脈絡無く唐突に菅野の楽曲に好意的なメッセージを残している。

・歌手のMIKAは、世界中で一番好きなアレンジャーやプロデューサーとして彼女の名前を挙げている。

 

女性のロールモデル 児童書

newsphere.jp

引用

◆女の子の自尊心を高めるロールモデルが続々と登場
 この2、3年、女性のロールモデルを紹介した児童書が話題だ。なかでも、『世界を変えた50人の女性科学者たち』(レイチェル・イグノトフスキー著、野中モモ訳/創元社)、『世界を変えた100人の女の子の物語』(エレナ・ファヴィッリ、フランチェスカ・カヴァッロ著、芹澤恵、高里ひろ訳/河出書房新社)は日本でもこの春、翻訳・出版された。前者は、STEM(科学・技術・工学・数学)分野で功績を残しつつも埋もれていた50人を、後者は多彩な分野で活躍する女性100人を紹介している。後者は、クラウドファンディング史上最高額の資金(約68万ドル)を集めたことでも注目を集めた(続編はそれを上回る約87万ドルを調達)。

・・・

 ◆理系分野で活躍した女性をメディアが紹介
 ブームと関連して、理系分野で活躍した女性の再評価も進んでいる。ガーディアン紙(4月18日)では、専属コラムニストのリアーノン・コスレットが、宇宙開発分野に足跡を残した女性たちを詳説した。NASAで働いた女性たちを描いた伝記映画『ドリーム』(2016年)にも触れ、人類史的な躍進に関わりながらも、女性であるがゆえに埋もれてきたことを述べている。記事ではその要因を、16歳を境に職業のジェンダー差が出てくるためだとし、それが今でも理系分野への進出を阻んでいると指摘する。

・・・

 

何歳で親元を離れるか EU平均26歳

味の欧州地図

メヘレン 

www3.nhk.or.jp

曽我 太一記者の記事より引用

メヘレンでは1960年代以降、近くの炭鉱で働く安い労働力としてモロッコなどから多くの移民を受け入れました。しかし、90年代に炭鉱が閉鎖されると、失業者が街にあふれ犯罪が増加しました。警察と移民との間で衝突が起きるなど混乱も広がりました。

当時レストランの入口には「モロッコ人お断り」などといった張り紙が貼られ、住民の3分の1は移民排斥を掲げる極右政党を支持していました。移民と住民の間で分断ができ、移民は社会の中で孤立。メヘレンは「ベルギー最悪の街」とも呼ばれていた・・・

ソーメルス市長のとった対策のうち、「バディ制度」が秀逸!

移民の孤立化を防ぎ社会に溶け込んでもらうため、2012年に始めた政策が「バディ制度」・・・

この制度では、この街に新しく住み始めた移民が、地元の住民と1対1でペアになり、月に数回会って一緒に過ごします。現地で話されているオランダ語でコミュニケーションしながら、街を案内してもらったり、家族や子どもがいれば一緒に出かけたり、互いの国の料理を作り合ったりします。

治安対策・移民対策の両方を進めていくことにより、テロリストの侵入も防げたという。

 

中国アニメ

うわあ、凄かった!中国のアニメーション

 

 

www.youtube.com

《鹿鈴》改編自廬山「白鹿洞書院」流傳的美麗傳說。它是一部人與動物之間的和諧畫卷,是中國水墨動畫又一部巔峰之作、代表之作!
【基本信息】
名稱:鹿鈴
類型:水墨動畫片
國家:中國
時長:20分鐘
上映時間:1982年
出品:上海美術電影製片廠

 

手塚が影響を受けた作品という「牧笛」。

f:id:cenecio:20180520113757p:plain

 

MaaS 

www3.nhk.or.jp

車を所有せず、使いたいときだけお金を払って利用するサービスのことです。バスやタクシー、それに、最近、普及してきたカーシェアリングをイメージしてもらうとわかりやすいかもしれません。

・・・

MaaSという言葉が、なぜ自動車業界でもてはやされているのか。それは、来たるべき完全自動運転の時代とリンクしているからです。

ドライバーのいないロボットカーが街をぐるぐるまわる時代になれば、スマホのアプリに目的地を打ち込むだけで無人の車両が迎えにくる。疲れを知らないロボットカーは次から次へと人を乗せる。ドライバーの人件費がかからないため、タクシーよりも料金は安くなるー。こんな自動車が完成すると、わざわざ車を所有する必要がなくなってくるかもしれません。

・・・

これに対して、自動車メーカーは、MaaSに対抗するのではなく、むしろその流れに乗ろうとする動きを見せています。トヨタ自動車はことし1月、相乗りや商品の配送までができる箱型のコンセプトカーを発表。従来のようなマイカーとして販売する車とは一線を画した車です。日産自動車も、2月に無人のロボットタクシーの構想を発表。サービス分野に乗り出す意欲を示しました。

100年に1度の変革期にあるという自動車業界。性能のよい車づくりでリードしてきた日本のメーカーですが、これからは車を使った新しいサービスを生み出せるのかも問われる時代がやってくるかもしれません。