MUSKAのメモ帳

倉庫のようなものです。記事は消えることがあります。

谷根千のこれから& 女性が大切インド・メガラヤ&「アラフォー・クライシス」&ひるねこBOOKS

女性が大切にされる土地

女性のほうが地位がたかいメガラヤ州(Meghalaya)インドの東部にあり、名前はサンスクリット語の「雲のすみか」に由来する。

f:id:cenecio:20180606133652p:plain

Inde : au Meghalaya, cette région où les femmes sont reines - Le Point

 

 谷根千の魅力とこれから

良い記事。

bunshun.jp


50年後の「ずばり東京」――「谷根千」下町と観光地の狭間で #2
森 まゆみ 2018/05/26 source : 文藝春秋 2018年5月号

f:id:cenecio:20180606184545p:plain

 

障がい者採用を義務付け フランス

www.lemonde.fr

 

他にも大事な記事がたくさん。

①反響の大きかった番組。まとめてくれてありがたい。

www.nhk.or.jp

② 給付型

www.huffingtonpost.jp

 

www.nikkan-gendai.com

https://c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp/img/article/000/230/614/532e93a82b13689ea520aeb3fc90d6a320180606130553669.jpg

 

「5年半にわたる安倍政権下で、日本人の道義は地に堕ちた。私たちは、国内においては国民・国会をあざむいて国政を私物化し、外交においては世界とアジアの緊張緩和になおも背を向けている安倍政権を、これ以上許容できない。私たちは、この危機的な政治・社会状況を許してきたことへの反省を込めて、安倍内閣の即時退陣を求める」

 首相官邸財務省のウェブサイトにも送付した。

 同委員会は、ノーベル賞受賞者の故・湯川秀樹氏らが1955年に結成。現在は、武者小路公秀氏(国際政治学者)、大石芳野氏(写真家)、小沼通二氏(物理学者)、池内了氏(宇宙物理学者)、池辺晋一郎氏(作曲家)、髙村薫氏(作家)、島薗進氏(宗教学者)が委員を務める。

 ④

www.refugee.or.jp

f:id:cenecio:20180607120255p:plain

 

⑥生半可な知識でなく専門家の語ることを聞くべき。

mainichi.jp

www.huffingtonpost.jp

・ストレスのはけ口を求める行為で依存症。

・男性が女性を下に見ており、多少なら何をしても許されるという心理。支配欲と征服欲。

・痴漢被害の女性への想像力が欠如している。

 

追記

ひるねこBOOKS

www.asahi.com

 (引用)同店がオープンしたのは2016年1月。店主の小張隆さん(33)は、以前から谷根千エリアが好きで、その数年前に移り住んでいた。

「交通量や見込み客数といったデータよりも、自分の好きな場所でやってみたい! という気持ちを優先させました。それにこの地域には書店が集まる『不忍ブックストリート』もあり、本好きには響くと思ったんです」

 

 (記事より引用)

おすすめの3冊
『北欧のおもてなし―Nordic style home party』(著/森百合子)
北欧通の著者が教えるパーティーのアイデアや料理レシピ、北欧流のおもてなしが詰まった一冊。「ガイド本や北欧雑貨を紹介する本はたくさんありますが、人を迎え入れる、北欧の人たちの心のぬくもりが感じられるところが特徴的で、とても魅力的な内容になっています」

 

 

『みけねこてんちょう』(著/サユリ・ミナガワ)
「ひるねこBOOKS」レーベル初の絵本。旅が好きな、町の本屋の店長さん。代わりに店番をしてくれる人を探していたところ、店に現れたのは一匹のみけねこ。やる気はあるので、店番をお願いしてみると――。「著者はノルウェー出身のイラストレーターでデビュー作。猫が主人公で、北欧にゆかりがあって、レーベル1号ならではの絵本になりました。店主は僕をイメージしたそうなのですが……」

 

『コーヒーの絵本』(著/庄野雄治)
多くのファンを持つ人気焙煎(ばいせん)所・アアルトコーヒーの庄野雄治さんが、コーヒーの基本から淹(い)れ方までをわかりやすく教えてくれる“絵本”。「絵本仕立てになってはいるのですが、とにかく中身が濃い! コーヒーはどこから来て、なぜ人の心をくすぐるかということにも触れていて、かなり勉強になります」

    ◇

ひるねこBOOKS
東京都台東区谷中2-1-14-101
https://www.hirunekobooks.com/
写真特集はこちら