MUSKAのメモ

メモなのでけっこうすぐ消えます。

ご飯論法・原発老朽腐食・原発テーマアート・谷根千の宿泊&ストロー・プラスチックフリー&ペギー書店

 朝ごはんの話

 おもしろすぎて、そして悲しすぎて・・・

mainichi.jp

news.yahoo.co.jp

 

いやはや呆れたもんだ。 

「追及かわし」の手法

その1:論点のすり替え

その2:はぐらかし

その3:個別の事案にはお答えできない

その4:話を勝手に大きくして、答弁拒否

その5:過去の事実の書き換え

 

dot.asahi.com

*(※AERA 2018年6月11日号より抜粋)の抜粋引用です。記事をお読みください。

「損得の判断基準が 短くなった」。社会全体が株式 会社化し、5、6年先の見通ししか求めていない。国立大学で すら、6年程度の中期計画しか要求されない現状がある。

「背景には、日本が国としての ビジョンを失ったことがあるでしょう」(内田さん)

・・・

「説明に納得せず、虚偽だと考える人が多いのに、支持率は30%を切らず、一時的に落ちても回復する。政権の強弁を信じる人も、ウソだと思っても許す人もいるということでしょう」(前川さん)

・・・

名古屋大学大学院准教授の日比嘉高さん)「米メディアでは、トランプ政権のふるまいを分析する中で、『ガスライティング』という言葉が使われています。映画『ガス燈』に由来する言葉で、繰り返しウソをつき騙すなどして、知覚や記憶を否定することにより、対象の正気を失わせ操作できるようにすることを指します」

・・・

組織では、 上司にウソを強要されることにより、部下は上司への依存度を深める。ウソはある種の踏み絵で、判断能力の放棄であり、支配者への依存の始まりである。

・・・

ハンナ・アーレントは『全体主義の起原』(1951年)で、独裁的権力がプロパガンダにおいてどうウソを利用するか、なぜ大衆が支持するかを分析し、ウソを信じることも、シニカルにやり過ごすことも、全体主義指導者のプロパガンダを成功さ せたと指摘しました。つまり、虚偽を信じることも、放置することも、全体主義を後押ししてしまうのです」(日比さん)

・・・

「誤謬を発信するサイトは、閲覧により広告収益を得ている場合も、工作として行っている場合もあります。構造を理解し、ウソを指摘し続け、ファクトで対抗し、中間層の説得を続けるほかないと考えています」(津田さん)

 

不誠実な日本語のオンパレード

その場しのぎの姑息な言い訳で、国民が忘れてしまうのを待つ。

納得できる弁明をすることは一切なく、謝罪も口だけ、フリだけ。責任も取らず、逃げ切る。病院などに逃げ込み、知らんぷり。

暴言、威圧、不遜、下品、悪質、虚偽、隠蔽、改竄列島。

まだまだたくさん挙げられるが今日のところはここまで。

 

恐ろしいことです。

mainichi.jp

 柏崎刈羽3、7号機(新潟県)では計9カ所の穴や亀裂があり、3号機で最大の縦約13センチ、横約5センチの亀裂が見つかった。

f:id:cenecio:20180611093402j:plain

f:id:cenecio:20180611144955p:plain

 

明治大学

www.buzzfeed.com

 

舘野 仁美(たての ひとみ)さん、ジブリなどでアニメーターだった人

インタビュー

Buta Connection - Entretien avec Hitomi Tateno

f:id:cenecio:20180611103647p:plain

 

f:id:cenecio:20180611145120p:plain

f:id:cenecio:20180611145156p:plain写真:twitterより↓

https://twitter.com/ButaGhibli/status/1005820967954845697 

ササユリカフェ 現在オーナーをしているカフェ。

Buta Connection - Entretien avec Hitomi Tateno

【西荻窪】元スタジオジブリのアニメーターがつくる、身体と心が休まるササユリカフェ | 灯台もと暮らし

 

 

ベルギー仏紙 LeSoirの表紙 スズメ、プラスティック

スズメの数が減っている。

f:id:cenecio:20180611143954p:plain

f:id:cenecio:20180611144053p:plain

 

 

追記:

f:id:cenecio:20180822151234j:plain

f:id:cenecio:20180822151248j:plain

 

bunshun.jp

森まゆみさんといえば、谷根千の始祖、谷根千のお母さん。

ちょっとした歴史や地域の発展の礎となったカヤバ珈琲、その復活劇など。吉田屋酒店などと共に簡単におさらいしてから、現在の町の様子を紹介する。外国人観光客も多いのだが、「根津神社、鴎外記念館、根津教会などの文化財を見学する」どちらかというと日本人向けのルートもある。

2軒のホテル経営者がめちゃくちゃおもしろい。ずっとその話を聞いていたいくらいだ。ホテルグラフィ根津学生寮をリノベして9割が海外からの客だそう。夜遅くまで開いているところが普通のホテルと違っていい。

www.hotel-graphy.com

サクラホテル日暮里は日医大病院の看護師女子寮だったそうで、その前は水晶ローソクの工場だったというのがなんとも興味深い。

「3人で泊まれば1人3000円。最初は欧米人が多かったですが、今は欧米人、中国人、東南アジア人が3分の1ずつで、日本文化を学ぶ学生ツアーも多いです。柔道の大会に出る選手には、日当たりがよく、柔道着をベランダに干しておくとよく乾くと喜ばれました。カフェは地元の方も多く、バリアフリーなので車椅子やベビーカーの方も見えますね」

メニューもいいな。食べてみたい。写真を1枚借りてます。↓

f:id:cenecio:20180606120554p:plain

サクラカフェ Sakura Cafe | 24時間いつでも世界の味を - 池袋 / 幡ヶ谷 / 神保町 / 日暮里 

Tokyo Hotels - SAKURA HOTEL & HOSTEL - Affordable Friendly Hotels in Tokyo Japan.

 

 これからはストローはシリコンやステンレスの時代

f:id:cenecio:20180606122930p:plain

www.amazon.com

 

「プラスチックフリー」への挑戦 世界の潮流を牽引するオランダのスーパー - SankeiBiz(サンケイビズ)

引用

f:id:cenecio:20180801161548p:plain

 オランダ国内に現在74店舗を展開する、オーガニック食品の最大手スーパーチェーン・エコプラザは、オンラインショップを含む全店舗で実に1370点(執筆時点)のプラスチックフリー商品を扱い、この潮流をリードしている。

 特にこの春にイギリスの環境団体「ア・プラスチック・プラネット」やオランダの「プラスチック・スープ財団」と協同でアムステルダムにオープンした、世界初となる一切プラスチックを使用しないスーパーマーケット店舗「エコプラザ・ラボ」は大きな反響を呼び、ニューヨークタイムズやBBCなど、世界的メディアに数多く取り上げられた。

・・・

「プラスチック削減のデメリットを被らずに買い物をしてもらえるよう、包装をしないのではなく、より環境にやさしい素材で包装することにした」(本社ゼネラルマネージャー、エリック・ダズ氏)

・・・

普通のプラスチックに見える透明の袋に入った商品も多く扱っているが、これらは生分解性材料でできている。微生物と酵素の働きによって最終的には水と二酸化炭素など自然界に無害な物質に分解される素材だ。手に取るとなんというか若干「パリパリ」した感触があるが、消費者の手に届くまでのプロセスに限っては特に強度や利用に問題がありそうではない。

・・・

 

メモ:

ペギーの書店

f:id:cenecio:20180605184822p:plain

f:id:cenecio:20180605185407p:plain

Les rues de Paris | rue de la Sorbonne | 5ème arrondissement

Guerre 14 | Nanga

 

f:id:cenecio:20180606172833p:plain

[Maisons d'écrivains : Charles Péguy. Rue de la Sorbonne, n° 8. Immeuble abritant naguère la boutique des Cahiers de la quinzaine]
tirage gélatino-argentique sur papier baryté ; 23 x 18 cm

https://bibliotheques-specialisees.paris.fr/ark:/73873/pf0001880025/v0001.simple.selectedTab=record