MUSKAのメモ

メモなのでけっこうすぐ消えます。

いろいろな話題 黒澤 超神ネイガー 東京にあるモスク  フリースランド イーグルスのベスト・アルバム

シモーヌ・ヴェイユ没 8月24日

 

 トゥルネの猫カフェ(動画あり)

www.sudinfo.be

Tournai: au Cat Side, les chats sont rois! - Édition digitale de Tournai

f:id:cenecio:20180825173724p:plain

https://www.lavenir.net/cnt/dmf20180706_01193776/cat-side-un-bar-ou-caresser-et-adopter-des-chats-a-tournai

 

 セシリアさんの鳥取ガイドブック。一人で作っちゃうところがすごい。私も欲しいな。

こちらがサイト。 

en.tipeee.com

路上ミュージシャン 

 

こちらの日本人女性も凄い!

www.afpbb.com

f:id:cenecio:20180826131721p:plain

 

アジア大会水泳 大活躍した池江璃花子さん

池江璃花子は「アジアの星」へ 報道続々、インド紙も称賛「日本のスイムクイーン」(THE ANSWER) - Yahoo!ニュース

引用

インド誌「インディア・トゥデー」は「日本のスイマー池江璃花子アジア大会2018での6個目の金で歴史を作る」と見出しを打って特集。6つ目の金メダル獲得により、記事では「この勝利で彼女は単一のアジア大会で6個の金メダルを集めた最初の水泳選手となった」と報じている。

 単一のアジア大会では1982年デリー大会に射撃で金7個、銀1個を獲得した北朝鮮選手がいることを紹介しているが、計8個は並んだことに言及。「池江の偉業達成がいっそう特筆すべきなのは、1個の金と2個の銀、1個の銅を獲得したパンパシ水泳からすぐにジャカルタ入りしているという事実による」と疲れ知らずの躍進を称賛している。

・・・

f:id:cenecio:20180826132317p:plain

 

 "l'happycratie"

 

 

f:id:cenecio:20180826181612p:plain

 都市農業

business.nikkeibp.co.jp

 途中までしか読めないけれど日本はだいぶ状況はよいなと感じた。

 

 エストニア オペラ座

 

f:id:cenecio:20181012104130p:plain

1951年の今日、黒澤『羅生門』がベネチア映画祭で金賞。 

 

 ホテル・カリフォルニア

amass.jp

テロ警戒 まちかどから兵士は消えるのか。

 エミール・ガレ

 独ペギーダデモ

 フリースランド ヨーロッパ文化首都2018年

f:id:cenecio:20180821183538p:plain

Tienduizenden bezoekers voor de Reuzen in Leeuwarden - NRC

https://media.insiders.nl/fry/files/image/64972815646263da27b9d8166cf6912dfcbb53c4.jpg

https://media.insiders.nl/fry/files/image/06967ea0bc33b63386d9952dffd6dfed77b4c1a2.png

De Reuzen van Royal de Luxe | Friesland.nl

 参考eumag.jp

 

東京にあるモスクの紹介

Tokyo Camii - Turkish Culture Center

パリの北 難民や移民の人々が集う 

 インドネシア独立記念日の木登り競争「パンジャット・ピナン」

 

 超神ネイガーなるものを初めて知って驚いた。

www.nikkansports.com

f:id:cenecio:20180822153013p:plain

 「土は持ち帰るもんじゃねえ、耕すもんだ。次も思いっ切り耕してけれよ!」

「金足農ナインは、靴の底さ着いてた秋田の土をも甲子園に持ち込んだ。おらも農家だからこそ、雑草のしぶとさは十分に知っている。その強さは本物だ」

 村上翻訳

a.excite.co.jp

村上のドイツ語訳を担当したウルズラ・グレーフェさんに話を聞く。

 引用

「ドイツの読者が村上さんの作品にひかれるのは、彼の小説に出てくるキーパーソンが『地下世界』の闘士だという点です。彼の作品においては現実世界と非現実世界の境界が曖昧。それが、現実と論理を重視する傾向が非常に強いドイツの読者に新たな視点をもたらしています」(グレーフェさん)

ドイツメディアにおいて、この「境界の曖昧さ」は村上作品を語る上で重要なキーワードだ。独紙ベルリーナーツァイトゥングに掲載された『騎士団長殺し』の書評にも『村上春樹、この日本人作家は現実の境界を巧みに操る』というタイトルがつけられている。そしてドイツにおける村上文学の人気については、翻訳が果たしている役割も大きい。この重要性を物語るのはドイツ語版『国境の南、太陽の西』にまつわるエピソードだ。

「村上さんの作品を訳すときは、原作の持つ軽妙さや理解のしやすさに加えて、日常的でありながら謎に満ちた村上文学の雰囲気を保つように意識しています。村上作品に限らず翻訳全般に言えることですが、訳文の自然さや読みやすさは非常に重要。読者が、翻訳ではなく、もともとドイツ語で書かれた作品を読んでいるような感覚を持つ仕上がりが大切です」(同)

原作の評価を左右するほどの役割を果たす翻訳。ドイツにおける村上文学の人気は、作品の本質を伝えつつ、ドイツ語としての読みやすさに配慮した翻訳により支えられている。
(田中史一)

Read more: https://www.excite.co.jp/News/bit/E1534454473182.html?_p=2#ixzz5OyOC0BG2