MUSKAのメモ

メモなのでけっこうすぐ消えます。

木喰(もくじき)さん三百年 &50年前ジャック・ブレルが…&セシル負けるな!

NHK日曜美術館 ずいぶん力を入れたものだ。

 

f:id:cenecio:20180925171204p:plain

f:id:cenecio:20180925171124p:plain

 江戸時代後期の僧侶、木喰(もくじき)が全国を遊行しながら彫った仏像は、庶民に寄り添う存在でした。木喰仏が最も多く残っている新潟県中越地方を旅します。

“微笑仏(みしょうぶつ)”と呼ばれる、独特の笑みをたたえた仏像。江戸後期の享保〜文化年間(1718〜1810)の僧、木喰によるものです。北海道、栃木、宮崎、山口、静岡、新潟、京都、兵庫、長野など日本全国各地を行脚する中で、一千体以上の仏像を彫りました。現在、木喰の仏像が残る地域で話を聞くと「人形代わりに子どもたちが背負って遊んだ」「出産のとき木喰さんの仏像で腹をさすって安産を祈った」「病気になると像を削って薬代わりに飲んだ」など、人々の暮らしに常に寄り添ってくれた存在であったことがわかります。

 

 9月16日放送

地蔵菩薩」(日本民藝館蔵)部分
「微笑(ほほえ)む仏~柳宗悦が見いだした木喰仏~」
独特の笑みを湛えた仏像を彫った江戸時代後期の僧侶、木喰。その木喰仏を世に広めた人物が、民芸運動創始者柳宗悦である。柳の眼を通して木喰仏の魅力を紹介する。

“微笑仏”と呼ばれる独特の笑みを湛(たた)え、素朴で温かみのある仏像を彫った江戸時代後期の僧侶、木喰(1718~1810)。全国各地を遊行し1千体以上の仏像を彫った。長年埋もれていた木喰仏を見いだし、その魅力を世に広めた人物が民芸運動創始者柳宗悦である。柳は、木喰の故郷、山梨県身延町丸畑をはじめ全国各地を実地調査し、多くの木喰仏を見出した。全国に残る木喰仏の魅力を、柳宗悦の眼を通して紹介する。

【出演】全国木喰研究会評議員…小島梯次,身延町教育委員会主査…深沢広太,清源寺住職…小野崎弘顕,栃窪木喰薬師堂世話役…上野昇,宮崎民俗学会会長…前田博仁,小栗山観音堂管理人…坂詰司朗,【語り】高橋美鈴

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81fhJZabFsL.jpghttps://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81YMmtkG0kL.jpg

 

 こちらは佐渡の木喰上人の足跡 

sado-tabi.blog.jp

佐渡博物館(佐渡市)の紹介 | 高橋実著『木喰仏を巡る旅』

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81LfVZyHDSL.jpg

 

https://www.town.minobu.lg.jp/bunka/rekishi/images/mokujiki_b_omote_1.jpg

甲斐国(現在の山梨県身延町)に生まれた木喰は、22歳で得度した後、当時としては高齢である56歳で日本廻国に出発します。61歳で初めて造像して以来、円空の鋭い彫りとは対照的に、丸みのある像を彫り続けました。80歳で一千体、90歳で二千体の造像を誓願し、文化7年(1810)に93年の生涯を閉じるまで多くの像を彫り遺し、現在720体余りの木喰仏が確認されています。

 その像は80歳で微笑を湛え、90歳近くで満面の笑みを浮かべます。人間味溢れるその作風は、木喰自身の生き様と相まって今なお全国の人々を魅了してやみません。身延町ではこの貴重な歴史文化資産を後世へ伝えるべく、昭和61年(1986)に生誕地丸畑に木喰の里微笑館を開館、その遺徳の顕彰に努めてきました。

 本展では、平成30年が木喰生誕300年の記念すべき年にあたり、なかとみ現代工芸美術館開館20周年事業として開催するもので、山梨県内をはじめ、近隣の新潟県・長野県・静岡県・愛知県等の仏像・書画・資料に加え、木喰廻国の大願を果たし丸畑で造像したとされる四国堂仏や初公開の資料をとおして、再び木喰上人ゆかりの地で公開します。

生誕三百年 木喰展 ~故郷に還る、微笑み。~|山梨県身延町

 

https://www.town.minobu.lg.jp/info/2017/images/mokuzikitirasi.jpg

 

 

微笑みに込められた祈り 円空・木喰展(インターネットミュージアム

引用

f:id:cenecio:20190207092009p:plain

f:id:cenecio:20190207092110p:plain

 

微笑みに込められた祈り 円空・木喰展 | 取材レポート | インターネットミュージアム

 

 

Vesoul

50年前の今日9月21日にブレルがヴズールを吹き込んだ・・・

と言ってもブレルを知らなければなんの意味もないことだが。

 

www.boursorama.com

www.youtube.com

ヴズール (Vesoul) はブルゴーニュ=フランシュ=コンテ地域圏オート=ソーヌ県にある。ドイツ、スイスとも近い。

f:id:cenecio:20180927082407p:plain

 

f:id:cenecio:20181013102235p:plain

f:id:cenecio:20181013102328p:plain

f:id:cenecio:20181013102527p:plain

 

www.francetvinfo.fr

Ne me quitte pas est la toute première chanson légendaire de Jacques Brel, après plusieurs années difficiles à essayer de percer dans le métier. Avec cette lettre d'amour en forme de supplique, Brel a pris un risque, et voilà que le triomphe est au rendez-vous. Pour lui, l'aventure musicale a vraiment commencé aux Trois Baudets, à Paris, grâce au producteur Jacques Canetti. Brel propose cette fois un chef d'œuvre probablement inspiré par quelques notes du compositeur Franz Liszt mais aussi par l'oeuvre Domaine public, du poète Robert Desnos et du Journal d'un écrivain, de Dostoïevski. Il en fait une synthèse à sa manière dans Ne me quitte pas.

Une chanson reprise par Nina Simone
Brel a été critiqué et même censuré. Quand Barbara reprend cette chanson, elle modifie les paroles. "L'ombre de ton chien" devient "l'ombre de ton ombre". Et la chanson va encore changer de texte pour l'interprète Simone Langlois qui transforme "un roi" en "reine". Chahutée dans son texte et sujette aux questions, cette chanson fut-elle inspirée à Brel par sa maîtresse Suzanne Gabriello ? Il l'avait démenti, comme le fait sa fille France aujourd'hui. "Mon père n'a pas fait de chansons précisément pour des personnes", affirme-t-elle.

Ainsi cette chanson garde une part de mystère qui a contribué à en faire une oeuvre culte. Elle a été reprise par plusieurs grands artistes parmi lesquels Nina Simone. Cette chanson a lancé la carrière de Jacques Brel et forgé sa légende. Depuis sa création, Ne me quitte pas est chantée dans 15 langues à travers le monde.

 

波紋を投げかけたセシルの動画

国に帰れって?私は自分の国いるのよ、私はベルギー人だもの。

もう人種差別は止めて、と涙ながらに訴えるお天気キャスターの女性からもらい泣きした。もう1年も差別的な侮蔑的な言葉を投げられているのだ。

でも大丈夫。応援する人の方がずっと多いし、ますます多くなるはず。

www.afpbb.com

引用

・・・「太った人、イスラム教徒、アラブ人、赤毛の人、眼鏡を掛けた人。誰もがソーシャルメディア上で迫害の対象になる可能性がある。こうしたことを止めなければならない。オンラインハラスメントは本当にあなたをむしばむ」と語った。

 RTBFのジャンポール・フィリポ(Jean-Paul Philippot)代表取締役は、デュンガさんへの支持と、デュンガさんがこれまでに受けた暴言に対する憤りを表明した。同氏は「人種差別は犯罪だ。ベルギーでは法律で処罰される」と述べ、法律に従ってデュンガさんに差別発言を浴びせてきた人々の処罰を求めていく意向を示した。(c)AFP

 

 

f:id:cenecio:20180910142408p:plain

f:id:cenecio:20180910142535p:plain

 信じられないことに日本の新聞にも。

la1ere.francetvinfo.fr

f:id:cenecio:20180910141348j:plain

特にベルギーで、ってのが信じがたい。ブリュッセルなどは住民の三分の二以上が外国ルーツだし、かつての植民地だったアフリカの国ルーツはとても多いのだから。