MUSKAのメモ

メモなのでけっこうすぐ消えます。

メモ『RAMEN TEH』『家族のレシピ』キャラ弁 ジブリの地ビール

映画『RAMEN TEH』「バクテーラーメン」

今パリで公開。シンガポールではこの春、日本ではまもなく公開。

La Saveur des Ramen – Hanabi

www.youtube.com

www.senscritique.com

f:id:cenecio:20180930131843p:plain

[Berlinale 2018] “Ramen Teh” d’Eric Khoo | Angle[s] de Vue

斎藤工さん主演「RAMEN TEH」2018年夏公開予定 | SINGAPORE FOOD TRIP

2017年11月5日の記事

https://cdn.amebaowndme.com/madrid-prd/madrid-web/images/sites/335325/40b1e003ca3cdc16226a2ced14e8be5d_7e0a6e39588168b1f419e8d42a26fa31.jpg?width=840

一部引用

映画のスチール写真を担当するのは、日本在住のシンガポール人写真家のレスリー・キー氏。彼は、日本に精通し、80年代アイドルをこよなく愛する人でもあることから、同作には歌手の松田聖子さんが出演されています。

ラーメン監修には、シンガポールにも出店している「けいすけ」の店主 竹田敬介氏が担当。出演者にラーメン指導を行いました。

・・・ 

sg.style.yahoo.com

↑上のサイトより写真を借りています。

f:id:cenecio:20180930135322p:plain

f:id:cenecio:20180930135346p:plain

f:id:cenecio:20180930135407p:plain

https://deskgram.net/explore/tags/takumisaito

 2018年4月6日

singaporefood.themedia.jp

引用

映画タイトルになっているRAMEN TEHとは、ラーメン(Ramen)とシンガポール名物のスペアリブの漢方スープであるバクテー(Bak kut teh)を掛け合わせた造語で、本編の重要なキーワードになっています。

本編では、日本人の父とシンガポール人の母をもつ主人公の真人(斎藤工)が、父の死をきっかけに、10歳まで過ごしたシンガポールへ渡り、両親の足跡を辿る物語。長年在住している日本人フードブロガーMIKI(松田聖子)の助けを借り、叔父からバクテー作りを学び、バクテーラーメンのアイデアを思いつきます。

 

f:id:cenecio:20190306132513p:plain

公式サイトより

www.ramenteh.com

斎藤工と松田聖子がシンガポールの巨匠にさせた“初めて”のこと『家族のレシピ』(dmenu映画) - Yahoo!ニュース

f:id:cenecio:20190306132338p:plain

f:id:cenecio:20190306132241p:plain

追記:

www.rfi.fr

パリのラーメン激戦区に、大阪は堺の「龍旗信」オープン。 | OVNI| オヴニー・パリの新聞

f:id:cenecio:20180930153034p:plain

f:id:cenecio:20180930152840p:plain

 

ジブリ地ビールあるって!

youpouch.com

落款印↓

https://sociopouch.files.wordpress.com/2018/09/img_166746_3.jpg?w=456&h=621

330ml瓶の中身はエチゴビールピルスナー。6本セット4320円(税込み・送料込み)だそう。

 

 お弁当・キャラ弁

f:id:cenecio:20181001130341p:plain

www.youtube.com

f:id:cenecio:20181001130502p:plain

f:id:cenecio:20181013111308p:plain