MUSKAのメモ帳

倉庫のようなものです。記事は消えることがあります。

㊗玉木デニーさん&親と一緒に住む若者の割合 観光客過多の悩み(overtourism)ほか

 おめでとうございます。

本当にこんなすばらしいことはない。今年の大ニュースです。

f:id:cenecio:20181001130127p:plain

f:id:cenecio:20181001130704p:plain

www.nytimes.com

Denny Tamaki, the son of a Japanese mother and a United States Marine, became the first mixed-race governor in Japan on Sunday after winning a close election in Okinawa,・・・

アメリ海兵隊員の息子、というところがよい。

 

台風「誰かが地球の巨大な栓を抜いたようだ」・・・

f:id:cenecio:20181001130311p:plain

 お弁当・キャラ弁

f:id:cenecio:20181001130341p:plain

www.youtube.com

f:id:cenecio:20181001130502p:plain

 

杉原千畝

www.nippon.com

 いくら何でも酷すぎる!

www.afpbb.com

招き猫

Maneki-neko : les figurines de chats porte-bonheur | nippon.com - Infos Japon

f:id:cenecio:20181001130930p:plain

 

和風の庭 図案集

f:id:cenecio:20181001131010p:plain

 ヒジャブ女子のメタルバンド

courrier.jp

 

地方創世をベンチャーで。

m.newsweekjapan.jp

 

 地図・統計から見える世界

f:id:cenecio:20180930112859p:plain

 

courrier.jp

観光客が多すぎる悩みや弊害 世界の各地で。

f:id:cenecio:20180707100035p:plain

(美しいアムステルダムの家並み)

最近よく目にすることば :オーバートゥーリズム(surtourisme/overtourism)

Partout dans le monde, des remèdes sont testés face à l'afflux de touristes

 www.portfolio.nl

 

観光公害 受け入れ側はアップアップ

courrier.jp

9月6日発売のクーリエ・アンテルナショナル、テーマはずばり「観光公害」だった。

f:id:cenecio:20180930115026p:plain

引用

その昔は贅沢な余暇の過ごし方だった観光は、誰にでも手が届くものになったと独有力誌「シュピーゲル」は言います。その理由のひとつは格安フライトの大きな発達で、二つ目の理由はインターネットの飛躍的な展開です。

フライトの予約もホテルや民泊探しも、ネットで簡単にできる時代が訪れたことは、観光旅行の拡大を急激に押し進めたと独誌は指摘します。欧州では2017年、6億7000万人が同大陸内を旅したそうです。

・・・

 

写真を見ると怖くなる 2016年1月のベニスの風景

Sur la place Saint-Marc, pendant le carnaval de Venise, le 31 janvier 2016. PHOTO ALESSANDRO BIANCHI / REUTERS

f:id:cenecio:20180930122322p:plain

 

https://i.pinimg.com/originals/3a/39/d2/3a39d2ed40395644e2c2f3021f90e1f5.jpg

https://i.pinimg.com/originals/3a/39/d2/3a39d2ed40395644e2c2f3021f90e1f5.jpg

 

metro.co.uk

Fed up with mass tourism, hotspots take away welcome mat - Global Times

http://www.globaltimes.cn/Portals/0/attachment/2017/2017-08-17/4a287ddd-cbde-4394-b323-b8234ecd415f.jpeg

 

 

 

 闘う女性だったトーベ・ヤンソン

newsphere.jp

引用

 13才の若さで初のイラスト入りストーリーが雑誌に載り、翌年からは風刺画も書くようになった。戦争を嫌うヤンソンは、雑誌「ガルム」に独裁者を批判する絵を描いた。後に太ったコソ泥としてヒットラーを描いたことで、「親しい国(ドイツ)のリーダーを侮辱するもの」として、編集者があやうく告訴されそうになったというエピソードもある。この絵の中で、ヒットラーの愚行を片隅で見つめる存在として、初期のムーミンが登場している(ニューヨーク・レビュー・オブ・ブックス、以下NYR)。

・・・

ムーミン小説は全9作で、第1作「小さなトロールと大きな洪水」は、1945年に出版された。幼いムーミンムーミンママが自然災害と戦う物語で、プロスペクト誌は、戦争へのアレゴリー(寓意)をこめた作品だとしている。

・・・

当時違法とされていたレズビアンであったヤンソンにとって、ムーミン・シリーズは、自分の愛する女性たちに敬意を表する場でもあったと、ガーディアン紙は述べる。いつも離れずに一緒のトフスランとビフスランのモデルは、ヤンソンと当時のパートナー、ヴィヴィカ・バンドレルだったとされる。後にパートナーとなったトゥーリッキ・ピエティラは、ムーミンの心配を和らげ自立を促した楽観的なキャラクター、おしゃまさんのモデルだった。

・・・