MUSKAのメモ

メモなのでけっこうすぐ消えます。

USB? ゴジラの休日&ホームレスの男性はロボット 日本人のステレオタイプ 

ゴジラの休日

ベルトリッチ 死去

www.liberation.fr

ホームレスの男性はロボット

freshgadgets.nl

https://freshgadgets.nl/wp-content/uploads/2016/07/robot-dakloze.jpg

Machina 6: Als robots gaan zwerven - Machina

https://www.machinamagazine.nl/wp-content/uploads/2018/10/Machina6%E2%80%A2cover-small.jpg

 

48時間で高速道路の下にトンネルを入れ込む映像(オランダ) 

 In the Netherlands in 2016. Motorway A12. In a weekend.@Ristretto3

 

エムバペ選手 あの人に自分をなぞらえて。

日本人のステレオタイプ 

 

 

五つ星ホテル Hotel de l’Europe

可愛い! 

https://twitter.com/creapills/status/1067437151632027649

 USBがわからない

なんと恥ずかしいことよ。

https://www.ad.nl/buitenland/usb-poort-japanse-digiminister-heeft-nooit-een-computer-bediend~a5345535/?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=socialsharing_web

USBがわからない、パソコンも使ったことがない大臣。

オランダ人がおもしろがって比較するのは1995年のオランダ首相。小学生の女の子にEメールの書き方を教わっている。

www.youtube.com

 

認知バイアス

桜田義孝大臣は「認知バイアス」の教科書のような存在だ | 文春オンライン

引用

・「認知バイアス」とは人の心の中にある偏りや思考のクセだ。

セルフ・ハンディキャッピングとは、桜田氏の答弁のあちこちに見られる「私にはわからない」「詳しくない」「時間がない」「忙しくて」など、あらかじめ何かしらの言い訳や行動で予防線を張り、たとえ失敗しても自尊心を保てるようにする言動だ。自信がない時や、物事を達成できそうもないと思う時に出やすい現象である。

・大臣を受けたからには、決定を正当化、合理化させるため、コミットメントをエスカレートさせるしかなくなる。もう後には引けないのだ。この傾向を非合理的(非理性的)エスカレーションという。

桜田氏の強気の発言には、強気になれる根拠がまるでない。ここが肯定的幻想の罠である。客観的に判断できる知識については言及せず、漠然とした基準をもとに、自分の価値や能力を高く評価するようになるのだ。『行動意思決定論 バイアスの罠』(白桃書房)で経営学者のベイザーマンとムーアは、「一時的にせよ愚かにも自分を現実以上の存在と思い込んでしまうことは、有害であり時に自己破滅的ですらある」と述べている。

・人柄的には好感が持てるが、そもそも大臣としての資質はあったのかは疑問。人は自分の能力が不足していたり、自分がそれに適していないということを認識することが難しい。そのため能力が低い人ほど、自分を高く評価してしまうというダニング・クルーガー効果がおきやすい。

 連ツイも全部おもしろい。

 

f:id:cenecio:20181116095457p:plain

TOKYO (AP) — Japan’s minister in charge of cybersecurity is in the spotlight for acknowledging he has never used a computer and making comments showing he has no idea what a USB port might be.

Ruling party lawmaker Yoshitaka Sakurada, also in charge of the 2020 Tokyo Olympics, was replying Wednesday to questions from independent and opposition legislators.

“I give instructions to my aide and so I don’t punch into a computer myself,” he said. “But I am confident our work is flawless.”

When asked about the power grid and malware, Sakurada said USB was “basically never used” in the utility systems, appearing to not know what it might be.

Lawmakers laughed incredulously at his replies, which were highlighted in Japanese media. Questioning and answers in Parliament are also carried live on national TV.

Ministers in Japan almost always get parliamentary questions in advance. Often their answers are based on briefings from ministry bureaucrats. In Sakurada’s exchange, bureaucrats were seen rushing over to give him sheets of paper with information.

Ministers are tapped by Prime Minister Shinzo Abe, and Sakurada was named to his position in the latest Cabinet reshuffle last month.

Although the minister is not expected to have much hands-on responsibility in the handling of either cybersecurity or the Olympics, Sakurada’s high-profile bungling is an embarrassment for Abe.

Sakurada, 68, a graduate of Meiji University, was first elected to parliament in 1996, representing Chiba prefecture, near Tokyo.

His favorite issues are pushing for Japan’s economic prosperity and supporting its culture. “There is no genius that surpasses effort,” is his favorite motto.

___

Yuri Kageyama is on Twitter at https://twitter.com/yurikageyama