MUSKAのメモ

メモなのでけっこうすぐ消えます。

フランス大気汚染深刻

 

フランスのデモがマクロンを標的にするわけ | ヨーロッパ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

f:id:cenecio:20181206171140p:plain

黄色いベスト隊のデモはマクロン辞任を求める運動にまで発展した(写真:REUTERS/Benoit Tessier)

 ・フランスでは低所得層を中心に燃料費の安いディーゼル車の普及率が高く、国民の不満が爆発

・デモに参加する動機も、燃料税の引き上げはもとより、賃金低迷、生活苦、失業、公共サービスの質の低下、マクロン大統領への不信感など、参加者によってさまざまだ。

・大統領選の直後に行われた国民議会(下院)選挙で、マクロン大統領が旗揚げした新興政党・共和国前進が地滑り的な勝利を収め、議会の60%強の議席を握っている。磐石な議会基盤をテコに野党や抵抗勢力の批判を振り切り、行政命令形式の立法手続き(オルドナンス)を多用することで、迅速な制度改正を実現するのがその手法だ。

・調査会社BVAによれば、大統領の支持率は26%に落ち込み、就任19カ月目としては前任者(フワンソワ・オランド大統領)の48%、前々任者(ニコラ・サルコジ大統領)の29%を下回る。暴動発覚後のHarris Interactiveによる世論調査では、暴力行為に対しては批判的な意見が圧倒的に多いが、回答者の実に72%が黄色いベスト運動を支持している。

・(大統領選)初回投票でのマクロン氏の得票率は24.0%に過ぎず、有権者の半分近くが反EUや反緊縮を掲げる候補に投票した。初回投票の上位2名で争う決選投票で、極右政党・国民戦線(今年6月に国民連合に党名を変更)のマリーヌ・ルペン候補と対峙。極右大統領の誕生を阻止するため、多くの票がマクロン氏支持に流れた。

メルケル首相のリーダーシップが衰えるなか、欧州を引っ張っていく存在として期待されていたのがほかならぬマクロン大統領だった。そのマクロン大統領までもが改革頓挫で求心力を失えば、フランスのみならず欧州の未来にとって憂慮すべき事態と言える。

 

 

 

www.nytimes.com

 

http://www.parisequity.com/actu/104-twitter/698-twitter-id-752185271077179392

http://www.parisequity.com/images/jasocial_feed/c4bfc700b4fef97f47e85702a706248e.jpg

www.lepoint.fr

Un résultat passable. Greenpeace a réalisé un classement de la qualité de l'air et de la mobilité de 13 capitales européennes, dévoile Le Monde . Et le score de Paris est loin d'être transcendant. La Ville Lumière se classe à la 7e place, d'une courte avance devant Bruxelles (8e). Derrière suivent Budapest (9e), Berlin (10e), Londres (11e), Moscou (12e) et Rome (13e). Sur le podium, on trouve Copenhague (1er), Amsterdam (2e) et Oslo (3e), puis la ville de Zurich (4e) pour la Suisse, Vienne (5e) et Madrid (6e).

・・・

Paris a tout de même un atout : ses transports publics, pour lesquels elle obtient la deuxième place. Les chercheurs encouragent néanmoins la ville à donner une plus grande place au vélo, qui ne représente que 3 % des déplacements, contre 30 % pour les habitants de Copenhague.

・・・

https://media.nouvelobs.com/ext/uri/ureferentiel.nouvelobs.com/file/7086685.jpg

www.nouvelobs.com

 年間700万人を殺す大気汚染

2018年5月

www.lemonde.fr

f:id:cenecio:20180506170835p:plain 

パリ 車の乗り入れ禁止へ

2018年11月16日 9時33分 共同通信

news.livedoor.com

【パリ共同】パリのイダルゴ市長は、市中心部に当たる1~4区への自動車の乗り入れを一部を除いて全面的に禁止し、歩行者専用区域とする計画を検討する考えを示した。15日付のパリジャン紙などが伝えた。

 現在、既に毎月第1日曜日に乗り入れが禁止されているが、2019年末までにこれを毎週日曜日に拡大し、段階的に恒常化を図る考え。乗り入れ禁止区域で小型シャトルバスを自動運行することがアイデアとして示されている。

 社会党のイダルゴ氏はパリの大気汚染改善を重要施策の一つとし、これまでセーヌ川沿いの道路の一部を車両通行禁止にした。