MUSKAのメモ

メモなのでけっこうすぐ消えます。

御徒町の方へ 野襤褸菊 ピーシーズPIECES フィンランド 

f:id:cenecio:20181224135811j:plain

f:id:cenecio:20181224135829j:plain

f:id:cenecio:20181224135837j:plain

f:id:cenecio:20181224135849j:plain

f:id:cenecio:20181224135858j:plain

f:id:cenecio:20181224135917j:plain

f:id:cenecio:20181224135928j:plain

f:id:cenecio:20181224135939j:plain

f:id:cenecio:20181224135949j:plain

f:id:cenecio:20181224140003j:plain

f:id:cenecio:20181224140021j:plain

f:id:cenecio:20181224140039j:plain

f:id:cenecio:20181224140048j:plain

 

 野襤褸菊 漢字のテストに出たら絶対に書けないノボロギク。

こちらの方のブログが気にいっている。写真も美しい。

blog.goo.ne.jp

引用

野に咲くボロ布のような花で、花が咲いた後の姿が、そのように見えるので、このような名前がついたそうですが、実際には鑑賞の価値が無い菊と云うことでしょう。
群生しているところは有りませんが、荒地やコンクリートブロックの間など、至る所で見かけます。 

花弁は無く、筒状花だけの花です。 

若い葉には蜘蛛の糸のような毛が生えていますが、すぐに抜け落ちて艶のある葉になります。 原産地はヨーロッパで、日本には明治の初期に渡来し、今では世界中の温帯で繁殖しているそうです。

 

blog.goo.ne.jp

「ネンガラグサ」 の別名があるように、一年中咲いています。 

 

ameblo.jp

 

発想が👍

www.pieces.tokyo

バングラデシュ難民

webronza.asahi.com

 

雪山の 天皇陛下

 

 

 

f:id:cenecio:20181224111442p:plain

https://minnanods.thebase.in/items/13861614

東京新聞:放射能測定マップ反響 自費出版、異例1万部準備:社会(TOKYO Web)

 

東京電力福島第一原発事故による放射能汚染の状況を調べてきた市民グループ「みんなのデータサイト」が十一月に発行した本「図説17都県 放射能測定マップ+読み解き集」が売れている。自費出版では異例の一万部超えを目指す勢い。出荷作業に追われるメンバーらは、大手の書店でも買えるように準備を始めた。 (山川剛史)

 本は全てカラーのA4判二百ページ。青森県から静岡県までの十七都県で、延べ約四千人が計約三千四百カ所で土壌を集め、各地の市民測定所が調べた放射性セシウムの濃度を都県別の地図にした。事故から百年後の二一一一年まで、濃度がどう推移していくのか広域の予想図も付けた。

 福島第一原発から放出された膨大な放射性物質が、どんなルートで流れて汚染拡大につながったのか図表付きで解説。各地の市民測定所が、農作物や山菜、魚などの測定結果や国などの公表データを分析したコラムも収録している。

グループは当初、出版費用二百五十万円をネットによる寄付(クラウドファンディング)で集め、二千部を発行し、応援者にお礼として送る計画だった。九月十九日付の本紙「こちら原発取材班」欄で計画を取り上げたのを機に応援者が急増し、予定の二・五倍となる六百二十七万円(千二百八十八人)が集まった。

 初版の発行を三千部に増やしたものの、勢いは止まらず。グループのホームページや電話による注文で第二版の三千部も完売の見通しとなった。

 メンバーの小山(おやま)貴弓さん(54)によると、書店に「この本を扱っていないか」との問い合わせが相次ぎ、福島市名古屋市の書店に置き始めた。店頭では一冊二千五百円(税込み)。今後、複数の大手書店でも買えるように準備を進めているという。

 小山さんは「農協や企業からのまとまった注文や、首都圏の汚染度の高い地域の方々からの注文が増えている。原発事故の影響を、市民自らが多角的に検証した点が評価されているのでは」と、反響の大きさを分析。一万部という目標を「遠からず達成できるのではないか」と話した。

 本の注文は、グループのホームページ(https://minnanods.net/)から。

 

黄色ベストのデモを子どもたちにどう説明する?

Comment expliquer "les gilets jaunes" aux enfants - Madame Figaro

 フィンランドにはホームレスがいない

長期ホームレスを終わらせるためにフィンランドが取り組んだ支援の成功例 : OurPlanetEarth

引用

路上に眠るホームレスは、プログラムが始まって以来、全国で見られなくなってきましたが、2008年には数百の数から減少しました。「フィンランドではホームレスの人がほとんどいません。おそらくこのプログラムの最大の成果です」とKaakinen氏は言います。このすべては、緊急シェルターの改修、新しい家屋の建設、民間の賃貸セクターを通じた他の家の買収という野心的な、州主催のプログラムを通じて達成されました。これにより、2008年以降、ホームレスのためにた約3,000の新しい家庭が生まれました。プログラムの資金の多くは、ギャンブルファンドからのビルドや買収のための資金を提供するスロットマシン協会から来ています。残りは政府の融資と助成金から来ています。政府の支援と資金調達は、プログラムの成功にとって不可欠です。

 the political will「政治的意志」とは、法律を通過するときに法律が一部の人々を怒らせたり、他人を喜ばせたりする可能性があるため、政治的コストがかかる可能性があるということ。 一定の法律が成立した場合に生じる政治的便益と費用の総額を指す。

フィンランド クリスマスチャリティディナー

yle.fi

 

 

お産も大変?

https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-06-26/now-even-swedes-are-questioning-the-welfare-state

 

 

 

 

 

 ルース・ベイダー・ギンズバーグ最高裁判事

 ひらがな習得